ゴリミーベスト2020:買ってよかったiPhoneとApple Watch製品

iPhone 12シリーズは全モデル購入してしまったが、買ったからこそわかることが色々あった

Gorime best 2020 iphone and apple watch

仕事をする上で欠かせないのはMacだが、生活する上で欠かせないのはiPhoneだ。先日iPhoneが突然起動しなくなる不具合に見舞われときは夜まで使えず、偶然外出と重なり苦労した。「強制的デジタルデトックス」と言い聞かせ楽しむことにしたが、妻や仕事関連の連絡、Apple Payが利用できずに苦労した。

2020年はiPhone 12シリーズの全モデルを購入。結果的にiPhone 12 Proに落ち着いたが、すべてのモデルを購入し使ったからこそ、各モデルの良し悪しがよく分かった。Apple Watch Series 6は、Series 5の不満だった電池持ちが大幅に改善され、常時表示ディスプレイを有効化しても1日持つようになった。

本記事では買ってよかったiPhoneおよびApple Watchのモデルと関連するアクセサリーをまとめたので、参考にしてもらいたい。

ゴリミーのレビュー記事は「ゴリミーレビュー」、現在使用しているもの、気に入っているものは「ゴリミーセレクト」にまとめてある。

iPhone 12 Pro

IPhone12Pro Review 10

”Pro不足”とバッサリ斬ったiPhone 12 Proを使うことに決めた理由は、望遠レンズの使用頻度が高かったこと。食事の写真は自分の影を入れないために、ポートレートモードは被写体(主に娘)が際立つように、望遠レンズありきで写真を撮っていることが多い。

iPhone 12 Pro Maxの2.5倍光学ズームには惹かれるが、カメラのために操作性を犠牲にすることはできず、iPhone 12 Proに落ち着いた。またiPhone 12 Pro Maxのカメラは期待を遥かに下回ったため、iPhone 12 Proのカメラには非常に満足している。

角張ったデザインにはすっかり慣れ、iPhone 12 miniを手にしてから感じるようになった重さはいつの間にか忘れていた。搭載されている6.1インチのディスプレイは、iPhone 12 Pro MaxほどではないがiPhone 12 miniほど窮屈ではない、片手でギリギリ操作できる絶妙なサイズだ。

iPhone 12 Proを購入する ▶ ソフトバンク / au / ドコモ / Apple

iPhone 12

IPhone 12 review boxes 03

望遠レンズの必要性を感じていなければ、間違いなくiPhone 12を選んでいただろう。iPhone 12はiPhone 12 Proと変わらないディスプレイサイズだが、圧倒的に軽い。たかが数十グラムだが、はっきりと体感できる違いだ。

ボディの仕上がりも良い。iPhone 12 Proシリーズにあるステンレスチールフレームは高級感があるが、画面を見るたびにギラギラとしたベゼルが見えるのは目障りだ。iPhone 12のブラックモデルは、ベゼルとフレームが一体化しているように見えるため美しい。

iPhone 12シリーズを今後購入するのであれば、まずはiPhone 12から見てほしい。iPhone 12 miniのフィット感は絶妙だが、iPhone 12のほうがバランスが良い。

iPhone 12を購入する ▶ ソフトバンク / au / ドコモ / Apple

iPhone 12 mini

IPhone 12 mini Review 04

iPhone 12 miniは、iPhone 12を小型化したモデル。片手で操作できるサイズでも機能が一切妥協されていないことに感動した。

僕には画面サイズが小さすぎるように感じ、電池持ちも不十分だったが、ガジェットとしてのワクワク感はiPhone 12シリーズの中で最も高い。初代iPhone SEiPhone 6iPhone 6siPhone 7iPhone 8を使用している人で片手操作の快適さを重要視している人は、iPhone 12 miniがおすすめだ。

iPhone 12 miniを購入する ▶ ソフトバンク / au / ドコモ / Apple

iPhone SE(第2世代)

IPhone SE 2nd Generation 2020 review 19

iPhone SE(第2世代)は、新型コロナウイルスの真っ只中で突然発表したTouch ID端末。デバイスとしての面白みは特にないが、当時最新のチップを搭載していたことでコストパフォーマンスの高さが話題になった。

僕は妻のiPhone 8が割れたため購入。ガラスフィルムを貼っては割るを繰り返しているが、本体への影響はなく快適に使えているため、買ってよかった

PITAKA MagEZ Case

PITAKA MagEZ Case for iPhone12Pro Review 10

iPhone 12 Proには薄く、頑丈で、軽いケースを装着すると決めていた。アラミド繊維を使用した「PITAKA MagEZ Case」は薄さ0.85mm、重さ15g。iPhone 12 Pro用純正クリアケースと比較すると1.79mmも横幅が小さい。すべての条件を満たしている。

MagSafeとは異なるマグネットを内蔵しており、対応するワイヤレス充電機能内蔵の車載ホルダーも利用できる。MagSafeを使用した充電も問題なく使用できる。

GAURUNクリアケース+保護ガラス

Spigen GAURAN iPhone12 Case and Display Protector 01

iPhone 12 Proを購入した当初は、美しいバックパネルを活かすべくクリアケースかケースなしを選択するつもりだった。結果的にPITAKAをメインに使用しているが、GAURUNクリアケースは本体をより頑丈に保護したい時に装着する。

四隅には落下時の衝撃をなるべく吸収するため、「エアクッションテクノロジー」が採用されており、ボタンの操作性は抜群。本体幅は増すが、iPhone 11 Proのような丸みを帯びており握りやすい。

GAURUN製保護ガラスは、埃取りのシート&シール、貼り付けガイド、貼り付け用のヘラが用意されているため、貼り付けを失敗するリスクは限りなく低い。縁ギリギリを攻める保護ガラスは貼っていることに気づかないほどの一体感がある。

次ページ
今年購入したお気に入りのApple Watchバンドや充電器など
特集
関連情報
更新日2020年12月18日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 12 Pro」新着記事
トレンド検索