watchOS 9、低電力モードを搭載か

既存の「省電力モード」と異なり、アプリや機能が利用できる節電モードの噂

Apple watch series7 availability hero 10052021

AppleがWWDC 2022で正式発表する「watchOS 9」では、低電力モードが実装されている可能性がある。現在は省電力モードが実装されているが、時刻のみ表示されその他の機能が利用できない。Bloombergによると、低電力モードは電池消費を節約しながらアプリや機能を利用できるという。

ワークアウトの種類は追加され、ワークアウト中の計測内容も増える見通し。睡眠管理機能の拡張も報じられているが、詳細は明らかにしていない。健康管理面は、心房細動の検知、女性向け管理機能の強化が予測されている。

既存の文字盤は「watchOS 9」で改良される模様。初期から存在する文字盤は、Apple Watchが38mmと42mmのディスプレイだった時代に作られたもの。41mmと45mmのディスプレイを活かせていない。対象となる文字盤は不明だが、既存のApple Watchモデルでも進化が味わせるソフトウェアアップデートが期待できそうだ。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOSニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索