Apple、「watchOS 3.1.1」のアップデートを取り下げーー文鎮化する不具合発生のため

Apple watch brick
【image via MacRumors

昨日「iOS 10.2」と同時に正式リリースされた「watchOS 3.1.1」だが、一部ユーザーがアップデート後に「Apple Watch Series 2」が文鎮化する報告を受け、本日、Appleは一時的にアップデートを取り下げたことが明らかになった。

文鎮化してしまったユーザーは上記のように赤い円の中にビックリマークが書かれた画面が大々的に表示され、「www.apple.com/help/watch」にアクセスするように案内されるとのこと。

Apple Watch Error

日本語のサポートページを読むと、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンと「Digital Crown」の両方を10秒間押し続けるように解説されているが、文鎮化を経験しているユーザーの多くは強制再起動でも復活できない模様。

Apple Watch を強制的に再起動してください。サイドボタンと Digital Crown の両方を、Apple のロゴが表示されるまで 10 秒以上押し続けます。

Apple Watch を強制的に再起動しても問題が解決しない場合は、Apple Watch の修理が必要です。修理サービスオプションについては Apple にお問い合わせください。

今のところ不具合が報告されているのは「Apple Watch Series 2」を使っている人となっていて、「Apple Watch Series 1」および初代「Apple Watch」には不具合は発生していないとのこと。アップデート後、「Apple Watch」本体がうんともすんとも言わなくなってしまった場合は最寄りのApple直営店に向かってサポートを受けるべし!

(via MacRumors