「watchOS 3.2 Beta 1」、開発者向けに配信開始!「シアターモード」が利用可能に

Theater Mode for Apple watch

本日、Appleは開発者向けに「watchOS 3.2 Beta 1」を配信開始している!専用のプロファイルをデベロッパーページからダウンロードすることによってインストールすることが可能。

新機能としてはSiriKitに対応し、Siriを通じて幅広い機能が利用可能になると言われているが、目玉は「シアターモード」。有効化されると「手首検出」が無効化され不用意に画面が点灯することを防ぐことができる他、音もミュートされる。

その間、通知は通常通り受信され「Apple Watch」自身は振動はするようになっている。ディスプレイのタップまたはデジタルクラウンを押すことによって画面を点灯させることが可能。

MacRumorsがハンズオン動画を公開していたので、参考にどうぞ!


一見何に使うかピンとこない機能かもしれないが、例えば映画館で映画を見ている時や小さい会場でアコースティックライブを楽しんでいる時など、消音だけではなく電子機器のディスプレイの明るさが周りにとって迷惑になる場合もある。

その時には「シアターモード」を有効化しておけばその間は誤って画面を点灯させてしまうこともない。マナーモード以上、機内モード以下といったところだろうか。

有効化は「Apple Watch」のコントロールセンターから。「シアターモード」のボタンが新たに用意されているとのこと。一般リリースはまだしばらく先だが、「Apple Watch」ユーザーにとっては日常生活で役立つ機能になりそうだ。


(via MacRumors

もっと読むwatchOS 3まとめ