「watchOS 4.2」、正式リリース!各種不具合に対応

Apple Watch Series 3 LTE Review 07

Appleが12月6日、watchOS 4.2」を正式にリリースした。

最新バージョンの注目機能は「Apple Pay Cash」だが、「iOS 11.2」同様、日本国内では利用できない。代わりに「ホーム」アプリが新しいHomeKit製品に対応し、「Apple Watch Series 3」でウィンタースポーツの距離や平均速度などを想定できるワークアウトタイプへの対応が追加されている。

Siriに天気を訪ねた際に本体が再起動してしまう問題、「心拍数」でスクロールできない問題、同時に作動しているタイマーやアラームを別々に終了できない問題など、各種不具合も修正されている。

WatchOS4 2

watchOSのアップデートは時間が掛かるので要注意!

アップデートは「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」から。以下が毎度お馴染みのアップデートするための条件。「ペアリングされたiPhoneが手元にあり、電池が50%以上ある状態で充電器に接続されている」必要がある。

watchOSのアップデートは異常なまでに時間が掛かるため、時間に余裕がある時にやるべし。

watchOSをアップデートするための条件

  • Apple Watch」がiPhoneの通信圏内にある
  • 「Apple Watch」が充電器に接続されている
  • 「Apple Watch」が50%以上充電されている
もっと読むwatchOS 4まとめ
FOLLOW / 最新情報を購読