watchOS 6、現地時間9月19日(木)に正式リリースへ

日本時間9月20日(金)の深夜に配布開始されると予想される

watchOS 6 Official Release

Appleは9月12日、Apple Watch用ソフトウェアのメジャーアップデートwatchOS 6」を現地時間9月19日(木)に正式リリースすることを発表した。日本時間9月20日(金)の深夜に配布開始されると予想される。

ただし、9月19日に配信が開始されるのは「Apple Watch Series 3」以降。「Apple Watch Series 1/2」は今秋以降に配信開始予定。

watchOS 6の特徴

watchOS 6」には新しい文字盤が追加され、新しいコンプリケーションも利用可能になり、手首を見るだけでこれまで以上に様々な情報が確認できるようになる。

また、Apple Watchから直接アクセスできる専用のApp Storeも用意され、iPhoneからの独立に向けて大きく前進。健康関連機能も充実し、騒音レベル検知機能や生理周期管理機能が新たに用意されている。

watchOS 6にアップデート可能なApple Watch

watchOS 6」は「Apple Watch Series 1」以降のモデルをすべてサポートする。初代「Apple Watch」はサポートされない。

また、「watchOS 6」を利用するためには「iOS 13」がインストールされた「iPhone 6s」が必要となっている。

その他の「watchOS 6」の新機能や最新情報は「watchOS 6まとめ」から、スペシャルイベント当日に発表された内容まとめは特集ページからどうぞ!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOS 6」新着記事
トレンド検索