ソフトバンクオンラインショップ

watchOS 6.2.5、正式リリース プライドの新文字盤が追加

改善およびバグの修正も含まれている

WatchOS6 2 5 update

Appleは5月19日、watchOS 6.2.5」を正式にリリースした。最新バージョンでは改善およびバグの修正が含まれているほか、文字盤の「プライドデジタル」「プライドアナログ」に新バージョン、「グラデーション」に虹色のオプションが追加されている。

新しい文字盤は、Apple Watch上からの設定に限定されている。iPhoneの文字盤ギャラリーは、記事執筆時点で対応していない。iOSアップデート後に利用可能になると予想される。

またサウジアラビアでは、ECG(心電図)機能が利用可能になった。

watchOSをアップデートするための条件

  • Apple WatchがiPhoneの通信圏内にある
  • Apple Watchが充電器に接続されている
  • Apple Watchが50%以上充電されている
関連情報
カテゴリwatchOS 6
タグ#ECG
更新日2020年09月08日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Apple大好きマン

    新しい文字盤はiPhoneアプリからは設定できない感じなんですかね?
    Watchから直接変更することはできましたが・・・

    1. g.O.R.i

      えっ僕普通にありましたよ……?

    2. 通りすがりの読者

      再起動などは試しましたか?

      あとはiOSのバージョンが最新じゃないとWatchアプリにWatchOSの新機能が含まれていないこともあります。

      1. g.O.R.i

        記事に追記しましたが、watchOSのみアップデートされiOSがアップデートされていないため、iPhoneの文字盤ギャラリーに反映されていないものと思われます。iOSがアップデート後、反映される可能性が高いです。

「watchOS 6」新着記事
トレンド検索