watchOS 7.6、正式リリース 心電図アプリや不規則な心拍の通知の対象地域拡大

さらに30の地域で利用可能に

WatchOS7 6 update

Appleは7月20日、watchOS 7.6を正式リリースした。

watchOS 7.6では、さらに30の地域で心電図アプリおよび不規則な心拍の通知に対応。心電図アプリはApple Watch Series 4以降のモデルが利用可能。対象地域は公式ページより確認できる。

心電図アプリおよび不規則な心拍の通知を利用するための初期設定および測定方法は以下の記事を参考にしてもらいたい。心電図アプリと不規則な心拍の通知は、対象モデルが異なるため注意が必要だ。

watchOSをアップデートするための条件

  • Apple WatchがiPhoneの通信圏内にある
  • Apple Watchが充電器に接続されている
  • Apple Watchが50%以上充電されている
関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOS 7」新着記事
トレンド検索