アップルストア表参道店で「Apple Watch Sport」を試着してきた!

Apple Watch Omotesando
Apple Watch」に一切期待していない皆さん!是非ともApple Storeに足を運んで実物を一度見てみるべし!恐らく見るだけでも考えが変わると思うが、実際に試着するとさらにそれまで持っていた印象がガラリと変わるはず!


アップルストア表参道店に行ったからには当然、試着せずには帰れない!15分間という限られた時間の中で「Apple Watch Sport」の38mmモデル、42mm両方とも試着させてもらったので、写真と共に紹介する!

スタッフも慣れない中、Sportsシリーズを両サイズ試着

アップルストア表参道店には開店時間である朝9時前に到着したものの、平日ということもありそれほど並ばずして入店完了。試着の予約受付を行い、30分ほど待つことになると言われつつも20分程度で試着の列には並ぶことができた。ただ、確かに実際に試着できたのは試着の予約受付をしてから30分後ぐらいだったと思われる。

試着のテーブルの周りを多くの人が囲んでいるため少々窮屈ではあるが、噂されていた専用のテーブルにスタッフが専用機をかざすと以下の写真のように各モデルが収納された引き出しが開く仕組みになっている。
Apple Watch Omotesando
机の上には実際に動作する実機と、実機の操作と連動する画面が表示されたデバイスが用意されている。右で「Apple Watch」を操作しながら、その操作でできること、利用できる機能などが左側の画面で表示される。
Apple Watch Omotesando
それでは早速「Apple Watch Sport」を試着した写真を紹介する!

Sportシリーズの38mmモデルを試着

まずは38mmモデルの試着から。展示品を見てもその小ささには驚いたが、実際に実物を付けてみると38mmモデルの小ささには驚愕せずにはいられない。これでまともに操作できるというのだから本当に「Apple Watch」のディスプレイは精度が高く、高密度だ。僕が普段付けている48mmのTISSOTの時計と並べてみた。
Apple Watch Omotesando
腕につけてみたところ。手にとって見ると小さいが、付けてみると意外と極小という印象は受けない。とは言え、確かに男性が付けるにしては小さいかもしれない。運動用として使うのはこのサイズが最適かもしれないが……。
Apple Watch Omotesando
Sportsバンドは非常に面白い作りになっている。金具部分を一度穴にはめ込むが、その後、余った部分をバンドの内側に入れるような仕組みになっている。付けていた時間が短すぎるので何とも言えないが、付け心地は悪くない。
Apple Watch Omotesando
横から見たところ。付けていてもデジタルクラウンとサイドボタンは押しやすい。
Apple Watch Omotesando

Sportシリーズの42mmモデルを試着

続いて42mmモデルを試着させてもらえることに。先ほどの38mmモデルに加え、普段している時計と並べてみたところ。大きい時計を普段している僕からすると非常に小さく感じるが、個人的にはやはり42mモデルの方がしっくりくる。
Apple Watch Omotesando
腕につけてみたところ。サイズ感も良いが、何よりも画面が見やすい。
Apple Watch Omotesando
普段使いには42mmは良いが、ランニングをする時にはやはり38mmの方が良さそうな気がしてならない。特に「Apple Watch」は普通の腕時計とは違い、手首との空間を極力減らし、密着させる必要がある。多少手首の上でカタカタ動く程度の緩さで付けている僕として違和感があった。
Apple Watch Omotesando
デジタルクラウンとサイドボタン側。
Apple Watch Omotesando
余ったバンド部分がピラピラせず、手首に巻き付けられているのは非常に良い。運動している時に役立ちそうだ。
Apple Watch Omotesando
僕が今日来ていたのは緩めのパーカーだが、スーツを着ていても邪魔にはならないだろう。
Apple Watch Omotesando
Apple Watch Omotesando
Apple Watch Omotesando

SportとWatchのデジタルクラウン・サイドボタン比較

Apple Watch Omotesando
展示品の写真でも紹介したが、多くの人はSportシリーズにするか、Watchシリーズにするかで悩んでいるはず。パッと見ただけではそれほど差はないが、大きな差はデジタルクラウンとサイドボタンの質感。

こちらがSportシリーズ。
Apple Watch Omotesando
続いてこちらがWatchシリーズ。やはりより時計に近いのはWatchシリーズの方ではないかと思う。
Apple Watch Omotesando
ついでに普段している時計と並べて見た。Watchシリーズの方が時計に近い。
Apple Watch Omotesando

僕が買うのは「Apple Watch Sport」のホワイトバンド+追加バンド

Apple Watch Omotesando
実際に試着してみた感想としては「まだよく分からない」というのが正直なところ。15分間という限られた時間で全く新しいデバイスの付け心地や使い勝手を判断するのはやはり無理がある。ここはやはりもう買って試す他無いかもしれない。

僕は今のところ「Apple Watch Sport」のホワイトバンドを購入する予定でいる。サイズはもちろん42mmモデル。追加ミラネーゼループバンドとレザーバンドを購入しようかと検討中。

便利か便利ではないかは実際に使ってみないと分からない。iPhoneを取り出さずに通知を確認できることは便利そうだが、意外と使い始めてみると鬱陶しいかもしれない。

強くアピールしている運動用の機能は個人的に期待している機能の1つではあるが、他のフィットネス専用ウェアラブルデバイスの方が高機能で正確である可能性もある。そもそも普段付ける時計と運動測定用のウェアラブルが同じと言うことに多少の抵抗を感じているのも事実。

試着した結果、分からなかったことが分かるようになったというよりも、分からないことや気になることがさらに増えてしまった。それでも僕は「Apple Watch」を買う。だって偉いモヒカンの人は言っていたではないか、「乗るしかない このビッグウェーブに」と。


Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法