不具合情報:「iPhone 4s」を「iOS 7」にアップデートするとWi-Fiが利用できなくなるバグが発覚?!

iPhone 4s 【img via iPhone 4S by Chippycheeky

iPhone 4sを「iOS 7」にアップデートした人は要注意!

Apple Insiderによると、「iPhone 4s」を「iOS 7」にアップデートするとWi-Fiが利用できなくなるバグが報告されているそうだ!

設定の中にある「Wi-Fi」が選択できなくなる不具合

7GBの通信量制限の中、iPhoneでYouTubeをHD画質で見たいという人はWi-Fi接続は必須。今回発覚した不具合は「iOS 7」にアップデートされた「iPhone 4s」が設定項目の中にある「Wi-Fi」が選択できなくなるようになるというもの。「iPhone 5」「iPad 2」「iPad 3」「iPad mini」を使っているユーザーの一部も同様の症状を報告しているそうだが、今のところ発生率が最も高いのは「iPhone 4s」となっている。

これについて、具体的な原因や解決方法は見つかっていない。iPhoneを冷蔵庫や冷凍庫に入れて冷やすことで「Wi-Fi」項目が選択可能になると言うユーザーもいるが、どう考えても根本的な解決策ではない。ただし、このことからハードウェアの過剰な発熱がOS内部への影響を及ぼしていると考えることもできる。

幸いにも僕のアップデートされた「iPhone 4s」ならびに「iPhone 5」は問題なく動作しているのだが、海外では多数のユーザーが同問題を報告している模様。次期アップデートで修正されることを願おう…。

(via Apple Insider

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法