Amazon、「Kindleインディーズマンガ」を提供ーー漫画家が作品を手軽に無料でセルフ出版可能に

Kindle Indies Manga

Amazonは7月5日、マンガ作家が自作の作品を手軽に無料でセルフ出版できるプログラム「Kindleインディーズマンガ」の提供を開始した。

また、 作品の人気度を基準に、年内で総額2,000万円をマンガ作家に分配する「インディーズ無料マンガ基金」の創設も発表した。

マンガ作家の発掘・育成とともに、マンガ作品の選択肢の幅を広げる狙い

「Kindleインディーズマンガ」はKDPの取り組みの延長線上

「Kindleインディーズマンガ」は、電子書籍のセルフ出版サービスであるKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)の取り組みをさらに拡大し、Kindleストア上でマンガ作家が簡単に無料作品を公開できる仕組み。

インディーズマンガとして公開された作品は、プロのマンガ家による人気作品と並んでKindleストアで掲載される。また、インディーズマンガを紹介する専用のページも用意されている。

同サービスは、新進気鋭のマンガ作家の発掘と育成とともに、読者向けにより多くのマンガ作品を提供し、マンガ作品の選択肢の幅を広げることを目指しているとのこと。

「インディーズ無料マンガ基金」は登録すれば誰でも分配の可能性あり

「インディーズ無料マンガ基金」は、Kindle ダイレクト・パブリッシングで無料マンガを公開し、作品を同基金に登録したマンガ作家であれば誰でも基金から分配の可能性を得るとのこと。

実際に分配を受ける作品及びその分配の金額は、作品の人気度を基準にAmazonが決定する。まずは最初の約1カ月(2018年7月5日~2018年7月31日)で上位20名に選ばれたマンガ作家に、それぞれ10万円が支払われる予定。

2018年7月5日から12月31日までの約6カ月間の間に、基金から総額2,000万円が分配される予定。

あわせて読みたい