「Apple Watch Series 3」の電池持ちは18時間、単体で通話は約1時間が限度

The New Apple Watch Series 3

Appleは、「Apple Watch Series 3」に搭載されているバッテリーの電池持ち情報をまとめた「Apple Watch Series 3のバッテリーに関する情報」を公開した。

Apple Watch Series 3」の1日のバッテリー駆動時間連続通話時間オーディオ再生ワークアウト充電時間などの情報に加え、新しくなったデュアルコアチップのCPUパフォーマンスに付いてまとめられていたので、紹介する!

Apple Watch Series 3」のバッテリー性能

1日のバッテリー駆動時間は18時間

90回の時刻チェック、90回の通知、45分間のアプリケーション使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの30分間のワークアウトを行った場合において、18時間という結果に。

使用条件には、18時間の間に合計4時間の4G LTE接続と14時間のBluetooth経由でのiPhoneへの接続が含まれている。

単体の連続通話は最大1時間、iPhone経由で最大3時間

Apple Watchから発信した通話で実施したテストによると、Bluetooth経由でiPhoneに接続した状態で最大3時間通話可能。4G LTEに直接接続した場合、1時間以上通話が可能だったという。

Apple Watch Series 3」は確かに通話を行うことはできるが、電池持ちの観点から長時間の通話は現実的ではないと言える。

オーディオ再生は最大10時間

「Apple Watch」からBluetooth経由で音楽を再生した結果、最大10時間使用することが確認できた。

屋内ワークアウトで最大10時間、GPS+4G LTEの屋外ワークアウトで最大4時間

心拍センサーをオンにした状態で実施したテストによると、屋内ワークアウトは、Bluetooth経由でiPhoneに接続した状態で最大10時間を記録。

GPSを使用した屋外ワークアウトのテストではiPhoneに接続しない状態でGPSを使用した屋外ワークアウトで最大5時間GPSと4G LTEを使用した屋外ワークアウトで最大4時間を記録した。

約1.5時間で80%まで充電、約2時間で100%

付属のApple Watch磁気充電ケーブルを使用して測定した結果。本体を80%まで充電するのに約1.5時間100%になるまで約2時間掛かったという。

CPUのパフォーマンスは「Series 2」の最大1.7倍

日常的なタスクのパフォーマンスにもとづいたテストの結果、「Apple Watch Series 3」のCPUパフォーマンスは「Apple Watch Series 2」の最大1.7倍の速さで動作することが分かった。

FOLLOW / 最新情報を購読