Apple Watch Series 5でセラミックケース復活、チタンケースが新登場か

44mmと40mmのサイズは変わらず、次期Apple Watchは現行モデルのマイナーアップデートになる可能性

Apple watch ceramic model

iPhone 11」と同じイベントで披露されると予想される「Apple Watch Series 5」に、セラミックケースモデルが用意されることを示唆するファイルを発見したとiHelp BRが伝えている。

セラミックケースの登場はMing-Chi Kuo氏が2月に予想していた

セラミックケースは「Apple Watch Series 3」(2017年モデル)までは「Apple Watch Edition」シリーズとして提供されていたが、「Apple Watch Series 4」(2018年モデル)では提供されなかった。

Ming-Chi Kuo氏は今年2月、「Apple Watch Series 5」でセラミックケースを採用したモデルを提供すると予想していた。また、ECG(心電図)機能が利用できる地域が増えることも示唆していた。

新素材としてチタンケースが追加か

また、セラミックケースモデルとは別に、Apple Watch Series 5」にチタンケースモデルが用意されることを示唆するファイルも発見されている。

Apple Watchの現行モデルはアルミニウムケースとステンレススチールケースの2種類のみが用意されている。セラミックとチタンは既存の素材に追加されるのか、それとも置き換えるのかは分かっていない。

40mm用の画像も発見 → 筐体デザインやサイズは変わらない可能性

発見された画像は下記の通り。左には44mmのチタンケースであることが記載され、右には44mmのセラミックケースであることが記されている。

Ceramic Case Titanium Case Apple Watch 2019

これらの画像はApple Watchをセットアップする時に表示される画面。40mmモデル用の同じファイルも発見されていることから、「Apple Watch Series 5」は「Apple Watch Series 4」の内部仕様が改良され、ケース素材が変更または追加されるという、比較的なマイナーなアップデート内容になるのではないかと予想される。

(Source: 9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索