Apple Watch Series 5、待望の睡眠トラッキング機能に対応か

装着したまま寝るだけで自動的に計測されヘルスケアと連携、余ったApple Watchを睡眠トラッキング専用に使うことも可能に

Daniel korpai L8y01mTuDZg unsplash

Apple Watch Series 5」は待望の睡眠トラッキング機能をサポートする可能性が浮上した。

睡眠トラッキングアプリ「Beddit」を2017年5月に買収して以来、多くのフィットネストラッカーに採用されている睡眠の質を可視化できる機能が提供されるのではないかと噂されていたが、9to5Macによると、同機能はチタンおよびセラミックの筐体を採用する次期Apple Watchとともに発表される可能性がありそうだ。

ヘルスケアと連携、新しい「Sleep」アプリやコンプリケーションを用意

この新しい機能はコードネーム「Burrito」、「Time in Bed tracking(寝ている時間のトラッキング)」と内部で呼ばれているとのこと。ユーザーはApple Watchを装着したまま、睡眠を取るだけで自動的に睡眠の質が計測される仕組み。

睡眠の質はApple Watchの各種センサーを活用し、ユーザーの動き、心拍数、音などをもとに計測する。結果は「ヘルスケア」アプリで確認できる他、新しく追加される「Sleep」アプリでも確認できるとのこと。新しいコンプリケーションも用意されているそうだ。

複数のApple Watchがある場合、睡眠トラッキング専用に使うことも可能

Apple Watchで睡眠トラッキング機能を実装する上で懸念されていたのは、電池持ち。実際は改良されているものの、公称値である最大18時間は初代モデルから変わらず、睡眠を管理するためにはバッテリーの改良が必要と見られていた。

Appleはこの問題を、ユーザーに事前にApple Watch本体の充電を促すことで回避する見通し。僕の想像の範囲内では、風呂やシャワーを浴びている間に充電しておけば、睡眠トラッキングを使うためには十分そう。

また、複数のApple Watchを所有している場合、睡眠を計測するための機種として指定することもできる模様。どのモデルから睡眠トラッキング機能が利用可能なのかは分からないが、毎年買い替えている人は古いApple Watchを活用できるかもしれない!

ユーザーが寝ている時にApple Watchを装着し、アラームが鳴る前に起床した場合、自動的にアラームを停止してくれる機能が用意されている。アラームはApple Watchのみで作動し、アラーム音を鳴らずにバイブレーションのみで起床時間を伝える機能も用意されているようだ。

また、ユーザーがApple Watchを身に着けていることを正常に検知した場合、自動的に「おやすみモード」が有効化されると見られている。

Apple Watch、最大の欠点をついに克服か

競合のスマートウォッチやフィットネストラッカーに比べて最大の欠点だった睡眠トラッキング機能がついにApple Watchでも利用可能になる。

コメントを残す(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(3件)
  1. 通りすがりの読者

    すでにApple Watch対応のスリープアプリはあるから、ただ単に公式アプリとして出るってだけの話題な気が(^_^;)

  2. よーた

    噂まだまだ少ないですが、睡眠トラッキングは楽しみだ!!

    1. g.O.R.i

      今のを睡眠トラッキング用にして、新しいモデルを普段使いにするっきゃねぇ!(どのモデルが対応するか知らんけどw

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索