Apple Watch Series 6の画面が真っ黒になる?無償で修理するってよ

44mmモデルは対象外。2021年4月から2021年9月までの間に製造されたモデルが対象

Infino photography LAacfd1Hn8g unsplash

Appleは4月23日、「Apple Watch Series 6 の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」を発表した。Apple Watch Series 6(40mmモデル)において、画面が真っ黒になり何も表示されなくなって元に戻らなくなる不具合が、一部モデルが発生しているいう。44mmモデルは対象外。

問題は、2021年4月から2021年9月までの間に製造されたモデルで確認されている。自身のモデルが該当するかは、専用ページでシリアル番号を入力すれば確認できる。

Apple Watch Series 6 Blackout program

Apple Watchのシリアル番号は、接続したiPhoneWatchアプリから確認できる。「マイウォッチ」タブから「一般」を選択肢、「情報」の中にある「シリアル番号」を使用する。Apple Watch本体からも、設定アプリ、「一般」、「情報」の順に開けば確認できる。

修理サービスは、Apple 正規サービスプロバイダApple Store 直営店Apple サポートのいずれかで受けられる。なお今回の修理プログラムは、対象となるApple Watch Series 6に対し、最初の小売販売日から2年間適用される。通常の製品保証期間を延長するものでない。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watch Series 6」新着記事
トレンド検索