ポケモンGO、待望の交換機能が登場へーー今週中に「フレンド機能」を追加

Trading coming to pokemon go

ポケモンGO」に待望の「フレンド機能」が追加されることが発表された。同機能によって、ゲーム内で冒険に役立つ道具を贈り合ったり捕まえたポケモンを交換したり、親交を深めることで様々なボーナスを獲得できたりするようになるとのこと。

新しく追加される「フレンド機能」について

誰かと「フレンド」になる方法

フレンドになるためには、トレーナー固有のID「トレーナーコード」を相手とシェアする必要がある。誰かをフレンドに誘いたい時は、相手のトレーナーコードを入力し、リクエストを送る。

相手がリクエストを承認するとフレンドとなり、あなたのフレンドリストに表示されるようになる。リストでは、そのフレンドが現在連れている相棒ポケモンや、直近のゲームプレイ状況、これまで歩いた距離などが表示される。

ポケストップやジムで手に入る「ギフト」について

ポケストップやジムのフォトディスクを回したとき、道具の他に特別な「ギフト」が手に入ることもあるとのこと。ポケストップで手に入れたギフトは自分では開封できないが、フレンドに贈ることができる。

ギフトにはさまざまな冒険に役立つ道具の他、ポケモンのタマゴが入っていることがあるそうだ。また、ギフトを入手した場所を記したポストカードが添えられるので、外出先や旅先から挨拶代わりに贈ることもできる。

「フレンド」には「仲良し度」がある

それぞれのフレンドには、そのフレンドとどれだけ一緒に冒険を共にしたかを表す「仲良し度」というものが用意されている。フレンドにギフトを贈ったり、フレンドと一緒にレイドバトルやジムバトルに参加したり、この後紹介するポケモン交換をすることで、この「仲良し度」を上げることができる。

「仲良し度」が上がると、フレンドと一緒にプレイしたときに様々なボーナスが発生するようになる。

仲良し度は、「知り合い・友達・仲良し・親友・大親友」の5段階。一例として、「仲良し」のフレンドと一緒にレイドバトルやジムバトルに参加すると、アタックボーナスが発生して戦いを有利に進められるそうだ。

また、レイドバトルではもらえるプレミアボールの数が増えるとのこと。

ポケモン交換機能は13歳未満は禁止、「特別なポケモン交換」も用意

そして、今回のフレンド機能の追加により、フレンドと捕まえたポケモンを交換することができるようになる。ポケモン交換では、お互いのトレーナーレベルが10以上のフレンドが近くにいれば、持っているポケモン同士を交換できる。

交換する際には「ほしのすな」がコストとして必要だが、交換に出したポケモンのアメが手に入り、お互いのポケモンをつかまえた場所が離れていれば離れているほど、ボーナスとしてもらえるアメの量も増える仕組み。

なお、伝説のポケモン、色違いのポケモン、まだポケモンずかんに登録されていないポケモンなどを交換するには、「特別なポケモン交換」を行う必要がある。

これは「友達・仲良し・親友・大親友」のフレンド間で1日1回のみ行うことができるが、通常の交換よりも、ほしのすな多く必要になる。

なお、13歳未満はポケモン交換を行うことができない