「ポケモンGO」をAR対応のメガネ型ウェアラブルでプレイしたら捗りそう

Pokeball on the street

ポケモンGO」はスマートフォンアプリだが、まるで現実世界とリンクしているようなプレイ画面が楽しめる。これは、これまで今ひとつメインストリームになれなかったAR(拡張現実)が普及したお陰かと思うが、言葉通り「拡張現実」になるためにはさらに一歩現実世界に近づいて欲しいところ。

そう遠くない将来、実現しているかもしれない!Osterhout Design Groupが同社の開発したスマートグラス「R-7」を使用してポケモンGOをプレイする様子が公開されていたので、紹介する!

普段の生活をしながら隙を見てポケモンゲットだぜ?!

現状では初期の「Google Glass」のような存在感ではあるが、これがいずれ薄型化・小型化・軽量化すると考えると、完全にハンズフリーで「ポケモンGO」がプレイできる時代はそう遠くない未来のことかもしれない。

「R-7」はAndroidで開発されているため、「ポケモンGo」のAndroidアプリとの連携は比較的容易だったという。今すぐ狩りに備えて欲しいという人はまずは貯金から始めた方が良さそうだ。1台2,750ドル(約27万円)もするこのスマートグラス、そう簡単には手に入らないようだ。

既に全世界で「ポケモンGO」に熱中する人が人が続出中。世界的に有名な格闘家、ミルコ・クロコップも例外ではない。

日本では7月末までにリリースされると噂されているが、既にある期待感からして日本国内でもフィーバーしそうな予感。ゲームに夢中になって楽しむのが良いが、くれぐれも熱中しすぎて事故や怪我などには細心の注意を払って狩りを楽しみましょう!

最後に、イーヴィー(英語名はVaporeon)がセントラルパークに出現したとの情報をもとに駆け付けた想像以上のポケモンハンター達の様子をどうぞご覧あれ。

(via Re/code