ポケモンGO、対戦機能「トレーナーバトル」の詳細を発表

Trainerbattles

Nianticは12月4日、近日中に「ポケモンGO」に登場する対戦機能「トレーナーバトル」に関する詳細を発表した。

「トレーナーバトル」では、フレンドや他のトレーナーに対戦を申し込むことが可能に。「対戦コード」を使って他のトレーナーに挑戦、鍛え上げたポケモンを3匹選んで、互いに腕を競うことができる。 対戦が終わると、トレーナーはそれぞれリワードを獲得できる仕組みとなっていて、場合によっては貴重な進化アイテム「シンオウの石」が手に入ることもあるとのこと。

公平な対戦を行うため、トレーナー同士は同じ「バトルリーグ」を選択する必要がある。3つある各バトルリーグでは、参加できるポケモンのCP上限値がそれぞれ異なって設定されていて、CPの高いポケモンを多く持っているからといって、どのリーグでも必ず勝てるとは限らない。より戦略的な選択をしたトレーナーが勝利できると説明されている。

対戦はリアルタイムで進められ、バトル場へ繰り出されたポケモンは、いつものノーマルアタックやスペシャルアタックが使用可能。また、「ほしのすな」や「ポケモンのアメ」を使えば、新たに追加で2つめのスペシャルアタックをアンロックできるようになる。

タイミングの重要性は高く、相手のタイプや技をよく見たうえで「シールド」を展開すれば、スペシャルアタックの大きなダメージから身を守ることができるとのこと。ただし、シールドを使用できる回数は限られていて、使い切ってしまった後はポケモンが無防備になってしまうので、使いどころを見極める必要がある。

通常、「トレーナーバトル」を始めるためには相手のトレーナーが近くにいないといけないが、仲良し度が「親友」以上のフレンドであれば、離れた場所からでもお互いに対戦を申し込むことができる。つまり、仲の良いフレンドであれば、いつでもどこでも対戦できる!

スパーク、キャンデラ、ブランシェなどのチームリーダーと訓練すれば、ポケモンの強化に役立つ「ほしのすな」などのリワードが1日1回もらえる。また、エリートトレーナーメダルの獲得にも役立つため、実践前にトレーナーで経験値を積むと良さそうだ。