ポケモンGO、運転中はポケストップの操作ができないよう仕様変更へ

Yakumitsuru hunching man playing pokemon go

ポケモンGO」の開発元であるNiantec社は、一定の速度で移動中はポケストップにおける操作ができないように仕様を変更した毎日新聞が報じている。

これは運転中に「ポケモンGO」をプレイしたことによる交通事故が相次いでいることから実施された模様。「一定の速度で移動中」における利用が無効化されるため、電車内や助手席における操作もできなくなった。

「ポケモンGO」をプレイするなら常識的に行動しろ

Niantec社は過去にもプレイ時における速度制限を実施している。10月には時速40km以上の移動中はポケモンが全く出現しない仕様になっていた。

今回は具体的な移動速度は明らかになっていないが、既に仕様が反映されていることが一部のユーザーからの投稿で判明している。

リリース当初に比べると多少落ち着いた「ポケモンGO」だが、未だに楽しんでいる人は少なくない。楽しんでいる人が楽しみ続けられるように常識的な行動を心掛けましょう。時に画面の中の世界に必死になる時はあっても、常にリアルな世界の中に生きているという至って当たり前のことを忘れないようにしましょう。

スマホを見ながら運転することが危険だということぐらい、誰だって分かる。自分の非常識な行動でみんなの楽しみを奪うのはやめよう。

(via 気になる、記になる…