「ポケモンGO」で人は歩くようになったのか?!調査結果が公開

Walking while using smartphone is bad

とにかく歩かなければポケモンも見つからなければアイテムも見つからない。タマゴもふ化しない。歩くことが必須のゲーム、それが「ポケモンGO」なのだ。

では実際のところ、人は「ポケモンGO」の影響で歩くようになったのか。「歩いておトク」のユーザー71,579人を対象とした調査結果によると、1日7,000歩以上歩く人が15%も増加していることが明らかになた!

ゲーム公開前とゲーム公開後の歩数を比較したデータ

調査結果に使用されているデータは「ポケモンGO」が公開される7月15日〜21日と公開後の7月22日〜28日の平均歩数。7,000歩/日未満のユーザーが減少し、7,000歩/日以上のユーザーが15%も増えていることが判明。
docomo-healthcare-graph2

では、「ポケモンGO」ユーザーはどの程度歩くようになったのか。アプリ公開前後の歩数の差を比較すると、1,000歩/日以上増えた人の割合はなんと32.2%。皆さん、積極的に外出するようになったといえるのではないだろうか。
Pokemongo makes people walk

「ポケモンGO」は歩きスマホや公園に群がる大勢の人など問題視されるべき側面もあるが、このような健康を促進する素晴らしい側面もある。いかにも「ポケモンGO」をダウンロードさえもしてなさそうなメディアに限ってネガティブキャンペーンを積極的に展開しているようにも見えるので、「ポケモンGO」が楽しいのであれば引き続きゲームを楽しみつつ、常識に則った行動を心掛けるようにしましょう!運動することはいいことだ!

歩いてdポイントが貯まるドコモ・ヘルスケアのサービス「歩いておトク」の詳細はこちらからどうぞ

(via ドコモ・ヘルスケア

FOLLOW / 最新情報を購読