【ややこしい】英語という言語がいかにカオスであるかを解説した動画

English is a crazy language

言語レベルで見ると英語よりも日本語の方が難しいという話を聞いたことがあるが、両方ともそれなりに使うことができる僕からするとどっちもどっち。

例えば日本では1つの言葉を「ひらがな」「カタカナ」「漢字」の3種類で表現することができる。しかもそれぞれ持つニュアンスが微妙に変わることもあるため、状況によってどの形式を選ぶべきか考えなければならない。僕らはこれを感覚的に行っているかもしれないが、日本語を学ぼうとしている外国人からすると極めて難しい。どう考えてもややこしい言語だ。

ただ、英語も同じぐらいには分かりづらい。今回紹介する動画を見ればいかに英単語が法則性に欠けるかということがよく分かる!

英語もあまり意識せずに覚えていたが、確かに分かりづらい…

英語を学習する上で多くの人が苦労するのは英単語。文章であれば前後の文脈を読めばある程度分かるかもしれないが、どうにもならずにその場で意味を聞いたり調べたりしない限り先へ進めない状況も少なくない。

よって、とにかく数をこなし英単語を覚えるしかないのだが、英単語には驚くほど法則性がない。下記動画を見れば納得してもらえると思うが、同じ単語の作りで別の単語が成り立つと思いきや、全く別の単語であったりするのだ。

特に英語が好きな人や英語をある程度話せる人は「確かに!」と思うはず!以下よりご覧あれ!

【英語学習に役立つ】上手い!ナオト・インティライミで覚える前置詞が話題に! | gori.me(ゴリミー)

(via Gizmodo