海外の商品を買う時に超便利!日本語住所を英語表記にワンクリックで変換してくれるウェブサービス「JuDress」

Judress
海外から商品を取り寄せる場合は当然住所を英語表記にしなければならないが、正しい書き方をを知らない人は意外と多い。

日本語表記で書かれた住所を英語表記にワンクリックで変換してくれる便利なウェブサービスがあったので、紹介する!


日本語住所を英語表記に一発変換してくれる「JuDress」

使い方は簡単!以下のサイトにアクセスし、該当箇所を埋めて「実用的に変換」をクリックするだけ!



ちなみに右側のボタンにある「Stylishに変換」はまったく実用性が無いので、基本的に「実用的に変換」を使いましょう。

僕自身が試したところ問題なく英語表記に変換できたが、無料のウェブサービスなので変換結果が正しいかどうかは確認した方が良さそうだ。

最近ではKickstarterなど海外のクラウドファンディングサービスで支援した場合に英語での住所入力が必要になるケースも増えてきた。日本語で書かれた住所の英語表記が分からない人は是非ともお試しあれ!

IT業界向け英語学習サービス「HiNative Trek」なら「現場で使える英語」が身に付く【PR】


英語における、場所に関する前置詞をまとめた画像が分かりやすいと話題に!

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法