【ポケモンGO】タマゴをゲットしたら「ふかそうち」を使いましょう

Pokemon go eggs

モンスターボールをはじめとした様々なアイテムを手に入れるためにはポケストップへ立ち寄ることは欠かせない。基本的にはモンスターボールばかり出てくるかと思うが、謎のタマゴが出てきて「何だこれ?」と思った人はいないだろうか。

このタマゴ、一体何をすれば良いのだろうか。

答えは単純。タマゴを手に入れたら「ふかそうち」を使いましょう!そのやり方を紹介する!

「ふかそうち」を使って歩く → ポケモンが誕生する

タマゴにはそれぞれ2km・5km・10kmと定められた距離があり、「ふかそうち」に入れ、これらの指定された距離を歩くことによってポケモンが生まれる、という仕組みだ。

まず、プレイ画面中央に表示されるモンスターボールボタンをタップしてメニューを表示。
タマゴをゲットしたら「ふかそうち」を使いましょう

左下にある「ポケモン」をタップ。これまでゲットしたポケモンを確認する時はここを見ましょう。
Pokemon go settings menu pokemon

画面を左向きにスワイプもしくは右上にある「タマゴ」と書かれているボタンをタップするとこれまで獲得してきたタマゴが一覧で表示される。「ふかそうち」に入れたいタマゴを選び、タップする。
タマゴをゲットしたらふかそうちを使おう

「ふかそうちにセットするとタマゴを温めることができます」とのこと。早速「ふかそうちを使う」をタップ。
タマゴをゲットしたらふかそうちを使おう

すると、現在自分が所有している「ふかそうち」が表示される。最初から持っているこの「ムゲンふかそうち」は基本的に壊れることなく使い続けることができるが、途中ポケストップなどで入手できる「ふかそうち」は使用回数に制限があるため、利用の際は注意するべし!
タマゴをゲットしたらふかそうちを使おう

セット完了!
タマゴをゲットしたらふかそうちを使おう

概ね予想している人も多いかと思うが、歩く距離によって生まれるポケモンのレア度が異なるようで指定されている距離が長い方がレア度が高いという噂もある。とは言え、2kmのタマゴでもレア度の高いポケモンが出現したという噂もあるので、とにかく気長に温めることが吉ではないだろうか。

タマゴの移動距離別早見表が公開されていたので、参考にどうぞ!