Instagram、タイムラインを左右にスワイプするUIに一時的に変更し批判殺到

Tap through posts

【image via @JoshConstine

Instagramがタイムライン(フィード)を従来の縦スクロールではなく、ストーリーズのように左右にスワイプするUIに一時的に変更していたことが判明した。


このUIは今年10月にテストしていることが報じられていたが、Instagramを統括するAdam Mosseri氏によると、「当初の予定よりも幅広いユーザーを対象としてテストしてしまった」とコメントしている。

Facebookの広報担当はThe Vergeに対し、「バグにより、一部のユーザーはタイムラインの表示に変化が起きている。すぐに修正し、現在、通常通りに戻っている」とコメントしている。

Mosseri氏はあくまでもテストであると強調しているが、Instagramが一部ユーザーにテストを実施しているということは、長年慣れ親しんだ縦スクロールから横スクロール(左右スワイプ)に変更することを本気で検討していることが伺える。

同氏に対し、多くのユーザーが「最悪です」「二度とやらないでください」などのコメントが並ぶ中、時系列順タイムラインの復活を切望する声も挙がっている。Instagramは2016年にタイムラインを時系列順からアルゴリズム型に順次切り替えている。

新しいUIを導入する目的は分かっていないが、僕としては常に画面いっぱいに画像が表示されることを活かし、広告の視認性が向上することをメリットとして見出しているのではなかと予想している。

Twitterはツイートを時系列順に切り替えるボタンを提供開始している。Facebookも見習ってほしい。

(via The Verge

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Instagram」新着記事
トレンド検索