Instagram、自分のアカウントのQRコードを表示できる機能をアプリ内に追加

リアルの場でアカウントフォローが容易に

Instagram QR code

Instagramは12月17日、アプリ内で自分のInstagramアカウントのQRコードを表示できる機能、および他のアカウントのQRコードをスキャンできる機能を追加したことを発表した。同機能は日本で先行してリリースされ、将来的には他の国でも導入が検討される。

QRコードの表示・読み取り機能と言えば、LINE。リアルの場でアカウントを交換する際に役立つ機能の1つだが、Instagramでも同様の機能が提供されるように。つまり、今後は「LINE交換しよう」から「インスタ交換しよう」に流れる可能性があり、実現に向けて機能が実装されていると考えられる。

現在、ショッピング施設や飲食店、観光地や音楽フェスなど、様々なビジネスや団体がInstagramアカウントを運用し、顧客との大切なタッチポイントとして活用していることから、アプリ内に機能が追加されたことは非常に重要。なお、アカウントのQRコードを印刷して表示したい場合はこちらのウェブページから可能。

QRコード機能の使い方

自分のQRコードを表示する方法

  1. プロフィール画面の右上にある三本線のアイコンをタップし、設定タブを表示
  2. 「QRコード」をタップ

他のアカウントのQRコードをスキャンする方法

  1. ストーリーズ専用カメラ、またはスマートフォン内臓のカメラをQRコードにかざしてスキャン
  2. Instagramアプリが開き、アカウントと「フォローする」「プロフィールを見る」のオプションが表示されます
  3. Instagramアプリをダウンロードしていない場合は、アプリのダウンロードページが表示されます

なお、「ネームタグ」も引き続き利用できる。アプリ内で自分のQRコードを表示し、画面をタップするとネームタグに切り替わるとのこと。

関連キーワード
カテゴリInstagram
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Instagram」新着記事
トレンド検索