学生みんなが特待生。

【レビュー】我慢し切れず、Y!mobile版「Nexus 6(32 GB、クラウド ホワイト)」を購入!サイズはビッグだが最高にクール!

Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

僕はiPhoneとAndroidの二刀流だ。

これまでは「iPhone 5s」と「Nexus 5」を持ち歩き、「iPhone 5s」をメイン端末として使いつつ、画面が大きい「Nexus 5」をブラウジングやFacebookSwarm用に使っていた。

iPhone 6 Plus」を手にしてからしばらくの間は5.5インチディスプレイがとても快適に感じられていたが徐々に「iPhone 6 Plus」に対する不満が募ってきた。「iOS 8」の完成度が低すぎる。

さらに追い打ちを掛けるように、「Nexus 5」を初期化しても起動不能になってしまった。つまり、メインの端末に対して不満を持っているというのに、サブで持っていた端末が起動しないのだ。

どうするか。サブ端末を変えるしかないに決まっている。

いつまで経ってもGoogle Playの在庫が復活しないので、昨日、我慢できずにY!mobile版の「Nexus 6」を購入してきた!32GBモデルでカラーは「クラウドホワイト」。

早速開封し、手にとって遊んでいるのだが、「Nexus 6」はやはり大きい。とは言え、「iPhone 6 Plus」とほとんど同じサイズであるため、大きさに対する驚きはそれほど無かった。

それよりもデザインが非常に気に入っている。高級感溢れる素材を採用している訳ではないが、手に持っているとその格好良さに惚れ惚れしてしまう。まだ使い始めて間もないので、まずは「Nexus 6(32 GB、クラウド ホワイト)」の外観を紹介する!

「Nexus 6」の箱と同梱物をチェック

まずは「Nexus 6」の箱ならびに同梱物をチェック!

パッケージの箱をチェック

「Nexus 6」の箱はAppleライクで非常にクール。箱のエンボス加工が好きだ。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

箱を開けると「Nexus 6」本体がお披露目!この箱の作りは間違いなくAppleを参考にしているだろう。だが、そんなことはどうでも良い。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

開けてみると本体、取扱説明書、急速充電器とケーブルが同梱されている。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

急速充電器「Motorola Turbo Charger」とケーブルをチェック

Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

続いて同梱されている「Motorola Turbo Charger」も紹介する。これはこの商品単体で販売されているようで、価格は34.99ドル。「Nexus 6」を繋げてたった15分間充電するだけで6時間分チャージすることができる専用の充電器なのだ。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

裏には「ターボ電源」と書いてある。なぜ日本語になるとここまでダサいのか、不思議で仕方がない。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

どこにでもありそうなMicro USBケーブルも同梱。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

本体の外観をチェック

Ymobile nexus 6 cloud white 21

それではお待ちかね、「Nexus 6」クラウドホワイトモデルの外観を紹介する!

iPhone 6 Plus」に見慣れているせいでこの巨大なスマートフォンを見ても一切驚きがない不思議。ただ、一般的に見て巨大な端末であることは確かだ。本当に大きい。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

底面にMicro USB充電ポートが用意されている。「Nexus 6」は防水仕様であると言われていたが、このように充電ポートを特に覆っていないことから防水と言うよりは生活防水程度。耐水仕様と認識しておいた方が安全だろう。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

底面が弧を描いているため、平らな場所に置くと端末がこのように浮いてしまうが、個人的には全く気にならない。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

端末の右側面に音量ボタンと電源ボタンがまとまっている。これは「iPhone 6 Plus」の方が好みだ。音量ボタンが低く、少し押しづらい。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

端末上部にはSIMカードトレイとイヤフォンジャックが用意されている。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

こちらも特に防水を意識した作りにはなっていない。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

左側面は何もない。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

「Nexus 6」はなんとステレオスピーカー仕様。ディスプレイの前面に上下1つずつ用意されているスピーカーの音は非常に評価が高いので、試すのが楽しみだ。ディスプレイを平らな場所に置いた時にディスプレイが直接触れないようにする役割も果たしている。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

200万画素の内向きカメラ。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

これがバックパネル。「Nexus」の文字がデカデカと書かれ、その上にMotorolaのロゴとカメラが設置されている。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

外向きカメラは光学手ブレ補正に対応したf値2.0の1,300万画素。デュアルLEDフラッシュを搭載し、4Kムービーも撮影可能。
Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

「iPhone 6 Plus」にない「Nexus 6」の魅力を探す

Y!mobile Nexus 6 クラウドホワイト

家電量販店の店頭で触った時に「これは買うしかない」と思い、そのまま次の日には手にしていた「Nexus 6」。以前から買うつもりではいたものの、やはり手にすると非常に良い。

僕はAppleのエコシステムにどっぷり浸かっている。メインの端末を「iPhone 6 Plus」から「Nexus 6」に乗り換えるつもりは今のところ全くない。

ただ、「Nexus 6」の方が「iPhone 6 Plus」に勝る点も何かしらあるはず。既に手に取った時の持ち心地は「Nexus 6」の方が良いと断言できる。2台を使い分けることによって僕のモバイルライフは今までよりも便利になるだろうと期待している。

「Android 5.0 Lollipop」もこれまでのAndroid OSに比べて大幅にシンプルになり、見やすく、使いやすくなったように感じる。「iPhone 6 Plus」には無い「Nexus 6」の魅力を探すのが楽しみだ!

Y!mobileオンラインストア音声通話付きSIMカード(2,980円〜)をチェック!