デザイナー注目!ピクトグラム制作スキルを競う「Pictathon(ピクタソン)」の開催が決定!2013年7月27日(土)14時から!

Pictathon
日本のピクトグラム文化を形成するのはあなただ!

ピクトグラム制作のスキルを競うイベント「Pictathon(ピクタソン)」が2013年7月27日(土)14時からco-ba libraryにて開催される!もしあなたがデザイナー/クリエイターならば、このチャレンジに挑むべし!

Pictathon – Pictogram × Hackathon「ピクタソン」

そもそも「ピクトグラム」って何?

ピクトグラムと聞いてピンと来ない人も多いかもしれないが、ピクトグラムは僕達の生活の中に溢れているWikipediaには以下のように書かれている。

ピクトグラム(Pictogram、ピクトグラフ(Pictograph)とも)は、一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)の一つである。地と図に明度差のある2色を用いて、表したい概念を単純な図として表現する技法が用いられる。


まだイメージできない人は、こちらをどうぞ!これがピクトグラム。日頃から見慣れているものばかりではないだろうか。

Pictgram(ピクトグラム) 【img via Noguchi Lab.】

「Pictathon(ピクタソン)」開催の経緯

ピクトグラムは非言語コミュニケーションの手段として非常に有効。国籍や文化の違いという壁にぶつかることも多いが、それを乗り越えれば人種の壁を越える、計り知れない社会的意義を持つことになる。

ピクトグラムは海外での利用が盛んだが、総じて英語が苦手である人が多い日本人の方が本来ピクトグラムを活用し、向き合うべき。

では、クオリティの高いピクトグラムはどういう環境があれば生まれるのだろうか?

そんな思いで「Pictathon(ピクタソン)」が開催される運びとなった。この思いに共感してもらえるデザイナーやクリエイターの皆さんは世界でも通用するピクトグラムの制作にチャレンジするべし!!

ちなみにピクタソンはハッカソンとピクトグラムを組み合わせた造語。ハッカソンのような競技性をもたせるため、優勝商品としてiPad miniも用意されている。いいね!

「Pictathon(ピクタソン)」の募集要項

募集要項に関しては以下のとおり!

  • 7月27日(土)に会場であるco-ba libraryに来れる方
  • イベント開始から終了まで会場にいられる方(審査員もやっていただくため途中退場はお控えください)
  • ピクトグラム、アイコンの制作経験がある方
  • Adobe IllustratorやPhotoshop、Fireworks等でピクトグラムを制作するスキルがある方
  • 参加可能人数は30人、先着順ではなく応募内容により審査を行い参加者を決めさせていただきます
  • 参加者募集は7月20日(日)まで行い、その後審査の上折り返しご連絡差し上げます
  • 年齢・性別等は問いません

主催者はブログ「ビジュアルシンキング」を運営する櫻田潤さんと「付き合えば?」でお馴染みのカズワタベさん。今までにない新しい取り組みだが、世界中で通用するピクトグラムを生み出すことができれば日本発のグローバルスタンダードになるかもしれない!

デザイナーやクリエイターの皆さんは2013年7月27日(土)14時からco-ba libraryにて「Pictathon(ピクタソン)」に参加するべし!

以下の公式ページもどうぞ!

Pictathon – Pictogram × Hackathon「ピクタソン」

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法