「iOS 13」では音量調節バーが画面端に移動かーー新たなスクショが流出

ようやく画面を埋める音量調節バーが廃止されることに期待……!

IPhone Volume Indicator 01

今のiPhoneでは音量を調整しようとした場合、画面のど真ん中に音量調整ボタンが表示されてしまい、コンテンツの妨げになるというとても使い勝手の悪いUIだった。

どうやら「iOS 13」ではそれがようやく変わる可能性がありそうだ。Ben Geskin氏が画面の右上に音量調節バーが表示された「iOS 13」のスクリーンショットを公開している。

画面の左上に、バーそのものが小型化されて表示か

ビルドナンバーは「17A3457I」であるという。参考に、「iOS 12.4 Beta 3」のビルドナンバーは「16G5038d」となっている。

言ってしまえば、コントロールセンターにある音量調節バーをそのまま画面上に持ってきただけのデザインとなっていて、あまりにもお粗末。さすがにこれを採用するとは考えづらい。

このツイートに対し、9to5Macは、「iOS 13」では新しい音量調節バーが画面の左上に、より小型化されて表示されると指摘。そのイメージとして近いのは、Ben Geskin氏が公開した下記コンセプトイメージ。

Appleは複数の音量調節バーのUIを検討している可能性があり、「WWDC 2019」終了後にリリースされるであろう「iOS 13 Beta 1」ではこれまでにないデザインが採用されていることも考えられる。

最終的なデザインは今秋、正式バージョンがリリースされるまで決定ではない。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索