iOS 14の内部ビルド、今年2月に流出か

何者かが中国のベンダーから「iOS 14」の内部ビルドが動作しているiPhone 11を数千ドルで購入し、流出か

Nahel abdul hadi flha0KwRrRc unsplash

iOS 14」の内部ビルドは、今年2月頃に流出していた可能性が高い。MOTHERBOARDによると、何者かが中国のベンダーからiOS 14」の内部ビルドが動作しているiPhone 11を数千ドル(数十万円)で購入。「iOS 14」の内部ビルドを抽出し、セキュリティ研究者、ハッカー、ブロガーなどに流出させたという。

リークした内部ビルドは2019年12月時点のもの

「iOS 14」の内部ビルドは2019年12月時点のもの。最初のベータ版がリリースされる半年以上前のビルドだが、開発途中のOSが第三者の手に渡ることはAppleにとって大きなリスクとなり得る。

「iOS 14」は、サードパーティ製ブラウザやメールのデフォルト指定ホーム画面のアプリのリスト表示壁紙機能の改良パスワード管理機能の強化ウィジェット機能などの情報が判明。iPhone 12のノッチ小型化、AirTagsなどの情報も発見されている。

Twitterのハッシュタグ「#appleinternal」では、「iOS 14」の内部ビルドを入手したと見られるアカウントが発見した情報が多数投稿されている。

関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    魔人ブウで草

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索