ソフトバンクオンラインショップ

iOS 14、ホーム画面上で自由に配置できるウィジェット機能を搭載か

Androidでお馴染みのホーム画面ウィジェットがiPhoneやiPadでも利用可能になるかも?

Ios 14 wallpape settings

公開されたスクリーンショットをもとに作成

Appleは、ホーム画面で利用できるウィジェットを開発している可能性がある。9to5Macが入手した「iOS 14」のコードによると、iPadOS 13のように画面上に固定される仕組みではなく、アプリと同じように配置を自由に変更できるそうだ。コードネームは「Avocado」だという。

壁紙設定にもウィジェットが用意されることを想定した設定が追加か

9to5Macは先月、iOS 14」が壁紙をカテゴリ別に表示できる機能が実装されると伝えていた。Twitterでスクリーンショットも投稿されていた。

新たに追加されている「Home Screen Appearance(ホームスクリーンの外観)」の項目では、フラット、ダーク、またはぼやけたエフェクトが適用された状態を指定できる。

9to5Macは、この設定は同じ壁紙をロック画面とホーム画面に指定した場合、視覚的にウィジェットと干渉しないように用意された設定ではないかと分析している。

「iOS 14」は、他にもホーム画面にアプリをリスト表示できるページが用意される見通しだ。リスト表示には「未読の通知があるアプリ」「最近使用したアプリ」など、複数の表示オプションを用意。SiriのAI機能を活かし、時間帯や位置情報に基づいたスマート・サジェスト機能もあると見られている。

ストーリータイムライン
9本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年04月07日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索