iOS 14/iPadOS 14、Macに近いマウスの操作性を実現か

アクセシビリティ機能ではなく一般機能として提供へ カーソルの変化やジェスチャーにも対応する見通し

Dele oke bz1oJVjKxx4 unsplash ipad smart keyboard

Appleは、「iOS 14」「iPadOS 14」でマウスのサポートを拡大する見通しだ。9to5Macが報じた。

iOS 13iPadOS 13では、何かしらの理由で視覚や聴覚、身体機能などにハンディキャップを持つ人を補助する「アクセシビリティ機能」として、マウスをサポート。次期バージョンでは一般機能として提供される可能性がある。

「iOS 14」「iPadOS 14」では、Macで利用できるマウス機能のほとんどが利用可能になるという。

トラックパッド付きSmart Keyboardは2種類存在

例えば、複数カーソルのサポート。Macではホバーするコンテンツの種類によって、カーソルが変化する。文字の場合はI字型に、クリック可能なリンクは指型になる。

2本指でクリックによる右クリックを再現するなど、トラックパッドで利用できるジェスチャー操作もサポートすると見られている。

Two finger gesture for mac 01

9to5Macは、トラックパッドを内蔵した新しいiPad用のカバー型純正キーボードSmart Keyboardの存在を確認。MacBookと同様にキーボードの下にトラックパッドが配置されているデザインだという。

トラックパッド内蔵Smart Keyboardは複数のiPadをサポートする可能性が高いが、具体的なモデルは不明。「タップでクリック」の設定も見つかっており、トラックパッドには触覚フィードバックを利用した操作性を実現していると見られている。

Tap to click mac settings 01

トラックパッド内蔵Smart Keyboardの発売時期は明らかにされていないが、「iOS 14」「iPadOS 14」が一般公開される秋以降になるだろう。

ストーリータイムライン
関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索