「iOS 10」、iPhone版Safariにおいて動画のインライン再生に対応

Safari Inline YouTube View
iPhoneのSafariで記事の中に表示されている動画を再生すると画面いっぱいに表示される。これ、鬱陶しいですよね。


9To5Macによると、iOS 10」からはiPhoneのSafariでも動画のインライン再生に対応することが明らかになった!

プロパティを指定すれば自動でインライン再生に対応

「インライン再生?現状どうなってたっけ?」という人も多いと思うので、下記動画を再生してチェックするべし!



動画内でも解説されているが、上記動画をiPhoneで再生すると現状では再生画面が画面全体を覆うような形で表示されるはず。インライン再生とは、これが全画面にならずにブラウザ内で再生できるようになるということだ。

例を変えよう。MacやPCでページ内に埋め込まれたYouTube動画を再生してもYouTubeページに飛ばずにそのまま閲覧することができる。それがまさにインライン再生だ。

サイト側が「webkit-playsinline」というプロパティを指定することによってサイト上に埋め込まれている動画はインライン再生が優先されると解説されている。また、音声データの含まれないまたは無効化されている動画ファイルの場合、ウェブページのロードと当時に再生させることもできるそうだ。

Inline and Auto Video Playback on iOS

When the webkit-playsinline property is specified, Safari on iPhone allows videos to play inline. Videos without the property will commence playback in fullscreen, but users can pinch close on the video to continue playing the video inline.
On iOS, videos without audio tracks or with disabled audio tracks can play automatically when the webpage loads.

via Safari 10.0


インライン再生が可能なったことによってFacebookのタイムラインのように音声なしの動画を自動的に再生するようにし、ユーザーがタップした場合は音声も流れるようにすることもできそうだ。ウェブサイト運営者はいずれ対応しておいた方が良さそうですな!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に