【iOS 11】「Night Shift」のオン・オフをコントロールセンターから切り替える方法

IPhone8 8Plus Review 49

iOS 10」では、コントロールセンターの分かりやすい位置にあったはずの「Night Shift」だが、大幅に変更された「iOS 11」のコントロールセンターになってから、「Night Shift」の項目が見つからなくなってしまった

「Night Shift」とは、iPhoneやiPadの画面から発せられるブルーライトを軽減する機能。目の負担が軽減される一方で、本来のカラーと異なる色合いになることを嫌がる人もいるはず。

実はしっかりとコントロールセンターの中に残っているのだが、表示させるためには”強く押す”必要がある。本記事では、「Night Shift」のオン・オフをコントロールセンターから切り替える方法を解説する!

明るさ調整ボタンを「3D Touch」または「長押し」

実は表立って表示されていないだけで、画面の明るさを調整するボタンの中に隠れている。

まずはコントロールセンターを表示する。画面の明るさを手動で調整する場合、下記スクリーンショットにある太陽マークが描かれたレバーを上下することによって明るく・暗くすることができるが、今回はこのボタンを「3D Touch」で押し込む。「3D Touch」に対応していないiPhoneまたはiPadの場合は、ボタンを長押しする。
Control Center iOS11 NightShift 002

するとこのような画面が表示されるので、左下に表示されている「Night Shift」をタップすればオン・オフを切り替えることができる。
Control Center iOS11 NightShift 001 2

iOS 10」のときは表立ってあったボタンが「iOS 11」では奥まった位置になっているのは、都度オン・オフを切り替えていたユーザーが少なかったのかもしれない。

そもそも「Night Shift」をまるっとオフにしたい場合は下記方法で無効化するべし!

「Night Shift」の起動時間を指定またはオフする方法

「Night Shift」を完全に無効化、または時間指定で有効化したい場合は、「設定」アプリを開き、「画面と明るさ」をタップ。

「Night Shift」という項目があるので、これをタップすると、「Night Shift」に関する項目が表示される。「時間指定」することによって指定された時間のみ「Night Shift」が有効になり、「時間指定」がなければ手動でオンにしない限り、有効化されない。

「iOS 11」のコントロールセンターは新機能が増えた一方で、操作が一部変更されている。下記記事も参考にどうぞ!

もっと読むiOS 11まとめ