「iOS 11.3」、ウェブ用シングルサインオン機能を準備中か

ICloud Login Web

iOS 11.3」にはApp Storeのレビュー欄の並び替え「iPhone X」における「Face ID」を使った購入リクエストの承認、そして「Books」アプリの大幅リニューアルが予定されている。

9to5Macによると、これらに加えてAppleはiCloudアカウントを使用したウェブ用のシングルサインオン機能を準備中であることを示唆するコードを発見したことを伝えている。

ウェブサイトのログイン画面は過去のものに?!

内部コードから発見された「SecureChannel」に紐づく内容に「Apple ID」の情報が含まれていることが判明。これらを利用した認証方法を実装すれば、iCloudに保存されている個人情報がアクセス可能になることが分かっている。ただし、具体的にどの個人情報にアクセスできるかは分かっていない。

シングルサインオン機能はすでに「Apple TV」で実装済み。これは、1回サインインするだけで、加入している有料テレビ放送プロバイダのすべての動画チャンネルの認証を完了し、それらのテレビ局のすべてのアプリケーションを楽しむことができるという機能。

これがウェブで利用可能になった場合、各ウェブサイトごとにログインする手間を省いてくれるため、いちいちIDやパスワードを入力する必要がなくなる。

iOS 7」から登場した「iCloudキーチェーン」をさらに進化させた機能になると思われ、iPhoneで毎回入力しなければならないログイン画面を今度二度と見る必要がなくなるかもしれない。

上記と関連して、特定のQRコードをスキャンするとウェブサイトにログインするための「Apple ID」認証画面を表示する機能も発見。

Single signon ios11 3

どのように活用することを想定した機能なのかは不明だが、上記のシングルサインオン機能と掛け合わせることによってユーザー自身が新規サイトで会員情報を登録する際に、「Apple ID」でログインするだけで別途新しいIDやパスワードを入力する手間を省き、特有のIDとパスワードを生成してくれるのであれば最高だ。

セキュリティを徹底しているAppleだからこそ、安全性を高めながらも操作性を改良する、という仕組みの実現を進めていると期待したい!

もっと読むiOS 11まとめ