【iOS 11】iPhoneでもドラッグ・アンド・ドロップが利用可能

iOS 11」はiPadの生産性を大幅に向上してくれるであろう機能が多数紹介された。

その中で特に目立っていたのだがシステム全体で利用可能になるドラッグ・アンド・ドロップ機能だが、複数のデベロッパーによるツイートによると、iOS 11」がインストールされたiPhoneでもドラッグ・アンド・ドロップが利用できることが明らかになった。

今のところ確認できている仕様としては、アプリ内においてのみドラッグ・アンド・ドロップ機能を利用することができるとのこと。現在配布されている「iOS 11 Beta」では下記ツイートの通りアプリ間のドラッグ・アンド・ドロップもできているが、これはバグである可能性が高い。


また、ドラッグしたファイルを移動先のフォルダの上に置いたとしても、macOSのようにフォルダが勝手に開くような仕組みは今のところ用意されていない模様。また、下記ツイートではやはりアプリ間のドラッグ・アンド・ドロップはできないと説明されている。

MacユーザーだろうとWindows PCユーザーだろうと、ドラッグ・アンド・ドロップはコンピューターに日々触れている人であれば当たり前のように使っている機能。だからこそ、iPhoneでも利用できるようになったら便利に違いない。

ただし、あくまでもこれは開発者向けに配布された「iOS 11」の最初のベータ版で確認された動作。正式リリースされる今秋までiPhoneにおけるドラッグ・アンド・ドロップを廃止する可能性はいくらでもある。

その理由の1つとして、ホーム画面でアプリをタップした時に起こりうる挙動が多すぎるという指摘もある。個人的にはただでさえ「3D Touch」とアプリ移動モード(振動している状態)の切り替えに苦戦しているので、ドラッグ・アンド・ドロップが加わるとさらに混乱しそうだ。

(via The Verge

もっと読むiOS 11まとめ