【iOS 11】「マップ」アプリに「VRモード」が用意されている

IOS 11 beta 2 VR mode iPhone screenshot

iOS 11 Beta 2」の「マップ」アプリにはAppleが「WWDC 2017」で発表した拡張現実機能用フレームワーク「ARKit」を利用した「VRモード」が用意されていることが明らかになった。

これは「マップ」アプリ内の「Flyover」機能の一部として提供され、3D表示されるだけではなく実際にiPhoneを動き、持って歩くと景色が変わる仕組みが用意されている。

「Flyover」は一部地域が写真のようにリアルに表示されるインタラクティブな3Dビューで上空から眺めることができる機能。

最新のベータ版をインストールしている人は「マップ」アプリを開き、「3D」と表示されたボタンをタップ。「Flyover」に対応した地域を検索し、「Flyoverツアー」をタップすると従来の「Flyover」ではなくあらたに「VRモード」が利用可能になっているとのこと。

体験するためには「A9」以上のデバイスが必要

新しい「VRモード」が実装された「Flyover」は「ARKit」を使用しているため、利用するためには「A9」プロセッサ以降のCPUを搭載しているデバイスであることが条件。つまり、「iPhone 6/6 Plus」は非対応となっていて、「iPhone SE」や「iPhone 6s」シリーズ以降のiPhoneでなければ体験することができない。

実際にどのように表示されるかは下記ツイートを参考にどうぞ!

iPhoneのカメラチームのメンバーを含む何百人もエンジニアがiPhone向けAR機能の開発に関わっていると伝えられていることから「iPhone 8」の新機能として実装されると予想される。既にデベロッパーに「ARKit」が提供されていることから、秋までには今までにない体験ができるアプリが多数登場することが期待できる。

将来的には、1年以上前から開発していたと噂されているメガネ型ウェアラブルデバイスも本当に登場するかもしれない。

(via iDownload Blog

もっと読むiOS 11まとめ
あわせて読みたい