Apple、メガネ型ウェアラブルを1年以上前から開発していた?発表は最短でも1年後?

AppleがAR技術を取り入れたメガネ型ウェアラブルを開発していると報じられたのは2016年末。最近ではBloombergがiPhoneにAR機能が搭載されると伝えていた。

Financial Timesによると、Appleは既に1年以上前からメガネ型ウェアラブルデバイスの開発に着手していたと報じている!

コンシューマー製品用のAR機能にリソースを割いている

情報元によると、Appleは頭に装着するウェアラブルデバイスの実現可能性を検討するチームを1年以上前に結成。同社の計画に詳しい人物によると、現在はAR機能の開発にリソースを割いているとのことで、コンシューマー製品への搭載を目指して進められているとのこと。

つまり、AR機能を搭載したウェアラブルデバイスは引き続き進められているが、残念ながらその「コンシューマー製品」のリリースは近くない。少なくとも1年以上先のことになるだろうと伝えられている。

また、AppleのエンジニアチームがAirPodsや「Apple Pencil」などを通じて小型化技術が向上したこともあり、Apple内部ではiPhoneに続いて最も優先度が高いのは、一時期噂されていた「Apple Car」ではなくAR技術に変わったそうだ。

Appleが開発していると言われているAR機能が一体どのような機能になるのかは依然として不明。BloombergはiPhoneに実装された場合、撮影した写真のピントとボケの場所を撮影後に調整できる機能、写真の中の一部分を認識して向きを変えることができる機能、人物にバーチャルエフェクトを追加するような機能を試していると伝えていた。

Appleの思い描くARの世界、非常に気になる。

(via 9to5Mac