iOS 13:App Storeアプリのアップデートタブが廃止され、アカウントアイコンの中に移動

奥まった位置に移動するということは、「iOS 13」ではアプリの自動アップデートが標準になるということ?

IPhone App Store Update Tab 01

iOS 13」では「App Store」アプリのアップデートタブが廃止されている。従来は「Today」「ゲーム」「App」「アップデート」「検索」だったが、次期アップデートでは「アップデート」タブが廃止され、代わりに「Arcade」タブになっていることが分かる。

ではアップデートが必要なアプリの一覧はどこから見ることができるのか。どうやらApp Storeのアカウントアイコンの中に移動したようだ。

アップデートタブの中身がアカウントアイコンの中に移動

投稿されているスクリーンショットによると、App Storeの「アップデート」タブはまるっとアカウントアイコンの中に移動した模様。

アカウントアイコンをタップすると、「購入済み」「登録の管理」「パーソナライズされたおすすめ」が用意され、その下に「ギフトコードまたはコードを使う」「メールでギフトカード送信」「Apple IDに入金」などの項目がある。一部順番が変わっているものの、「iOS 12」と大きくは変わっていない。

変わったのは、その下。「アップデート」タブが丸々移動し、「保留中」と「最近のアップデート」がアプリ一覧として用意されている。

実際にアップデートタブを開く方法を画面録画した動画も公開されていたので載せておく。

現状「iOS 12」ではアプリのアップデートを「自動」に設定してあっても、僕の経験上、アプリが勝手にアップデートされないことが多い。「iOS 13」ではアプリが自動的にアップデートされる前提だとすればアップデートタブが奥まった位置に移動され、代わりにゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を前に出すのは納得できる。

「iOS 13」新着記事
トレンド検索