Mac App Storeの自動アップデートの頻度を上げる方法

Mac App Store Updates 01

Mac App Storeのアプリはなかなかアップデートされないイメージがある。久しぶりに開くととんでもない量のアップデートがあったりして、「なんでもっと早く知らせてくれなかったんだ!」と言いたくなる時もある。

その理由は、Mac App Storeが自動的にアップデートを確認してくれる頻度は週に1回だからこの頻度を1日単位で変更することができるTerminalコマンド発見したので、紹介する!

旧OSバージョンではユーザーが手動で変更できた

すでに記憶から抜け落ちているが、「OS X 10.7 Lion」まではユーザー自身で更新頻度を変更できる仕様だったようだ。当時、毎日、毎週、毎月から選ぶことができたとのこと。

ところが、macOSではそのような項目はどこにも見当たらない。
Mac App Store Updates System Preferences 01

そこで、登場するのは「ターミナル」。アプリを起動し、下記コマンドを基本として好みの頻度でMac App Storeのアップデートを確認するように設定できる。

defaults write com.apple.SoftwareUpdate ScheduleFrequency -int 指定したい日にち

例えば、毎日1回必ずアップデートを確認して欲しい場合は、下記になる。

defaults write com.apple.SoftwareUpdate ScheduleFrequency -int 1

逆に週に1回は多い、という人は30日周期でアップデートを確認するように設定することもできる。コマンドは下記の通り:

defaults write com.apple.SoftwareUpdate ScheduleFrequency -int 30

個人的には日頃使うアプリであればなるべく早くアップデートはしたいので、毎日に設定。アップデートを見逃す頻度が減ったような気がしている。

Mac App Store Updates Terminal 01

週に1回の確認で問題なければそのままで良いが、もっと頻繁にアップデートを確認して欲しい、という人は上記Terminalコマンドを実行してみるべし!

あわせて読みたい