Macで不可視(隠し)ファイルやフォルダを表示する方法

Show Hidden Files and Folders

Macは、普段使う上で見る必要のないシステムファイルはFinder上では表示されず、不可視ファイルとして隠されている。万が一勢い余って必要なファイルを削除してしまい、Macが起動しなくなってしまう、という心配をする必要がないのはありがたい。

ただ、時にはこの隠しファイルを表示しなければならないこともあるかもしれない。頻繁に使うことはないかもしれないが、万が一必要になる時のためにMacで不可視(隠し)ファイルやフォルダを表示する方法を紹介しておく!

ターミナルコマンドが一般的だが、覚えておくことができればキーボードショートカットが最も簡単で早く、操作ミスが少ないのでオススメ!

不可視ファイル/フォルダを表示するターミナルコマンド

Show Hidden Files and Folders

どうやらWindowsの場合はコントロールパネルで簡単に表示・非表示を切り替えることができるようだが、Macの場合はターミナルを使わなければならない。

まずは以下のコマンドをコピペし、実行。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

続いて、Finderを再起動する必要があるので、下記コマンドを実行。それまで開いていたFinderウィンドウが一度閉じられるが、正常な動作なのでご安心を。

killAll Finder

上記コマンドを実行した結果、Finderを開くとこれまで見たことのないフォルダやファイルが多数表示されるようになる。透過度が高めに表示されているアイコンはすべて不可視ファイルだ。

Show Hidden Files and Folders

不可視ファイル/フォルダを非表示に戻すターミナルコマンド

Show Hidden Files and Folders 4

不可視ファイルは必要な時のみ表示し、不要になったタイミングで非表示にした方が安全だ。不可視ファイルを表示する必要がなくなり次第、再度ターミナルを立ち上げ、下記コマンドを実行しましょう。

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

Finderを再起動することをお忘れなく。

killAll Finder

下記の通り、これまで通りシンプルで見やすいMacのFinderが戻ってきた。

Show Hidden Files and Folders

隠しファイルを表示する必要がある時は上記手順を参考にどうぞ!

キーボードショートカットで切り替える方法が一番便利!

上記方法よりもさらに簡単に不可視ファイルを表示・非表示する方法があった。「shift」キーと「command」キーを押しながら「.(ピリオド)」キーを押すと不可視ファイルが表示され、再度同じキーボードショートカットを押すと非表示になる。

shift + command + .(ピリオド)

不可視ファイルは普段見る必要が無いからこそ非表示になっているため頻繁に見る必要はないかもしれないが、いざ必要になった時に活用するべし!

あわせて読みたい