Macの隠しファイルを一発で表示するキーボードショートカット

Show and hide hidden files on mac

一般的には必要ないが、少し高度な設定などを行う際に、Macの「不可視(隠し)ファイル/フォルダ」を表示しなければならないことがある。

不可視ファイルの表示・非表示を切り替えるターミナルコマンドは以前紹介したが、今回紹介するのは、より素早く簡単に隠しファイル・フォルダを表示・非表示にできるキーボードショートカット

キーボードショートカットで切り替える方法が一番便利!

「shift」キーと「command」キーを押しながら「.(ピリオド)」キーを押すと不可視ファイルが表示され、再度同じキーボードショートカットを押すと非表示になる。

shift + command + .(ピリオド)

実際に試してみる。まずはデフォルト状態である、不可視ファイルやフォルダが非表示になっている状態がこちら。
Keyboard Shortcut Mac Hidden Files 01

「shift」キーと「command」キーを押しながら「.(ピリオド)」キーを押すと、先程まで表示されていなかったファイルやフォルダがグレーアウトされた状態で出現する。
Keyboard Shortcut Mac Hidden Files 02 2

デフォルトの状態に戻すためには再度同じキーボードショートカットを押して、不可視ファイルを見えない状態に戻しましょう。

不可視ファイルはシステム関係など、普段見る必要が無いからこそ非表示になっている。よって本来はいざ必要になった時に活用するべし!

その他のMacの設定方法や使い方、トラブルシューティングや便利な機能などについては「Macの使い方・設定まとめ」からどうぞ!

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索