Macのスクリーンショットのファイル形式をPNGからJPGに変更する方法

Mac setup
【img via Temporary Setup by MattsMacintosh

Macで撮るスクリーンショット、ファイル形式は何になっているだろうか。

特に何も変えていないのであれば.png形式で保存されると思うが、実はスクリーンショットのファイル形式を.jpgや.gifなどに変更する方法がある。本記事では、Macのスクリーンショットのファイル形式を変更する方法を解説する!

覚えておくと便利!.jpg以外にも.gifなどにも変更可能!

普段、当たり前のように使っているスクリーンショットだが、実は.png形式で保存するとファイル容量が非常に重くなってしまいがち。これを.jpg形式に変えるだけでファイル容量がグッと下がるので、以下お試しあれ!

.jpg形式に変更する場合

Terminalを立ち上げ、下記コードをコピペしてエンターキーを叩く。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

さらに、SystemUIServerというものを再起動する必要があるので、下記コードをコピペして実行(エンターキーを叩く)!

killall SystemUIServer

以上で終了!

.gif形式に変更する場合

他の画像形式にも対応している。要は最後のjpgの文字列を好きなファイル拡張子に変更すればいいだけのようだ。例えば.gif形式にしたい場合、下記をTerminalに打ち込み実行する。SystemUIServerの再起動もしてね!

defaults write com.apple.screencapture type gif

.png形式に戻す場合

.png形式に戻したい、という人は最後の文字列をpngに変更して実行すれば元通り!もちろん、SystemUIServerの再起動はお忘れなく!

defaults write com.apple.screencapture type png

これでJPEGminiを活用できる!

そもそもスクリーンショットを.jpg形式に変更したかった理由はファイルそのものの重さを軽くしたかったから。スクリーンショットを撮って紹介することが多いのだが、.png形式だと画質を求めなくても良いファイルでも必要以上に重くなってしまう。

今回、スクリーンショットのファイル形式を.jpgに変更できたことによってめでたくファイル容量を抑えることができ、さらに「JPEGmini」や「ImageOptim」を利用してファイルサイズをさらに小さくすることができる!やった!

さらにスクリーンショットを撮る上で個別のウィンドウをキャプチャしてくれる、魔法のキーボードショートカットがあるのを知っているだろうか。これも覚えておくと便利なので、知らない人は読んでおくべし!

スクリーンショットを撮影して紹介することの多い人はどちらもお試しあれ!

FOLLOW / 最新情報を購読