今しか見れない。オープン前のApple銀座仮店舗【ギャラリー】

代替店舗「HULIC &New GINZA 8」は2022年8月30日より営業スタート

Apple Ginza Temporary Store at Ginza 8th street 08

Apple銀座の現店舗は、入居する「サエグサ本館ビル」の建て替え工事に伴い、銀座8丁目の「HULIC &New GINZA 8」(読み方:ヒューリック・アンンユー・ギンザ・エイト)に一時的に移転する。現店舗は8月28日(日)までの営業。代替店舗は、30日(火)午前10時からの営業開始を予定している。

従来は銀座駅が最寄りだったが、代替店舗は新橋駅のほうが近い。各路線の最寄り出口は、東京メトロが1番出口、JRは銀座口。東京メトロ銀座駅を利用する場合は、A3出口が最短距離になるようだ。

Apple Ginza Temporary Store at Ginza 8th street 04
Apple銀座は銀座8丁目に代替店舗を構える

代替店舗のファサードには、「Apple銀座が8月30日にやってきます。」と案内されている。店内は見れない状態だが、覆い隠されているオープン前の様子が楽しめるのも今だけだ。
Apple Ginza Temporary Store at Ginza 8th street 05

Apple好みの設計思想を持つHULIC &New GINZA 8

移転先の「HULIC &New GINZA 8」は、日本初となる12層の木造架構を燃エンウッドの柱・梁で実現し、外装材にも木材を使用。約300㎥と同等の12,000本の植林活動を実施しており、使うだけではなく植えることで森林サイクルを促進し、カーボンニュートラルの取り組みに貢献しているという。Appleが選ぶ代替店舗地として納得感がある。

Apple Ginza Temporary Store at Ginza 8th street 09

間近で見ると、ギラギラとした銀座にありがちなビルとは一風変わった外観だ。
Apple Ginza Temporary Store at Ginza 8th street 11

外観に散りばめられているのは、木材の板だ。窓との合間にも木材が使用されており、間近で見ると木材らしさが際立つが、離れてみると銀座の街並みに溶け込む。
Apple Ginza Temporary Store at Ginza 8th street 13

Apple銀座の代替店舗は、最新のApple Storeデザインを採用するだろう。オープンイベントなどは予定されていないが、一時的な”新店舗”のお披露目が楽しみだ。

ギャラリー

特集
公開情報
更新日2022年08月28日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:636650)

    銀座店はコロナ禍の前は宝塚観に行く前にちょくちょくのぞきに行きましたねー

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索