iOS 16:4G(LTE)回線でiCloudバックアップに対応

ただしモバイルデータを消費するため、データ無制限プランユーザー以外は無効化がおすすめ

Mobile Backup with 4G 01

iOS 16は、4G(LTE)回線でもiCloudバックアップに対応する。従来はWi-Fiのみとなっており、一部通信キャリアは5G通信時に限り「モバイル通信経由でバックアップ」が有効化されていた。今後は4G(LTE)回線にも拡大する。

ただし利用した場合はモバイル通信データ量を消費する。データ無制限プランを契約していない限り、バックアップの実行はWi-Fi環境下に限定したほうが安全だろう。

iCloudバックアップのバックアップ対象データ

iCloudバックアップは、iPhone内にあるほぼすべてのデータを保存できる。以下が対象だ。

  • App データ
  • Apple Watch のバックアップ
  • デバイスの設定
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
  • iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
  • Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

iCloudストレージを月額契約する必要があるが、50GBなら月額130円、200GBでも月額400円。最大容量の2TBでもわずか月額1,300円で利用できる。iCloudバックアップの使い方は以下の記事を参考にしてもらいたい。

(Source: MacRumors

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:628417)

    iOS15.4から発生してるSafariのブックマークの同期が変、しない不具合早く直してほしい🥺

「iOS 16」新着記事
トレンド検索