iOS/iPadOS 16やmacOS VenturaのBeta 4、開発者向けに配信開始

Brandon romanchuk scsXux0vykw unsplash

Appleは7月28日、iOS 16 beta 4」「iPadOS 16 beta 4」「macOS 13 beta 4」「tvOS 16 beta 4」「Xcode 14 beta 4」を開発者向けに配信開始。29日には「watchOS 9 beta 4」を提供している。

iOS 16 beta 4での新機能・変更点

MacRumorsによると、iOS 16 beta 4では、iMessageの編集・送信取り消しのUIが変更。「Edit」ボタンが追加され、最大5回までの変更が可能だという。

また従来は送信後15分間は編集できたが、最新ベータ版では2分間に大幅短縮されている。同じく送信取り消し機能を搭載するMailアプリでは、10秒だけではなく20秒または30秒のオプションが追加されている。

ロック画面でリアルタイムに情報が表示される「ライブアクティビティ」機能の実装に向けて、ActivityKitをベータ版でリリース。同機能は正式リリース時には実装されず、追ってアップデートで利用可能になる。

他にもロック画面では、画面カスタマイズ時のUIを変更。音楽プレイヤーの画面も改良され、見やすくなった。

HomeアプリおよびCarPlayでは、新しい壁紙のオプションが用意されている。

最新ベータ版のビルドナンバー、最新情報のまとめ

配信開始した各OSのバージョンとビルドナンバー

  • iOS 16 beta 4 (20A5328h)
  • iPadOS 16 beta 4 (20A5328h)
  • macOS 13 beta 4 (22A5311f)
  • tvOS 16 beta 4 (20J5344f)
  • Xcode 14 beta 4 (14A5284g)

各OSの新機能・対応機種・最新情報まとめ

関連キーワード
公開情報
更新日2022年07月29日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索