iOS版Chromeが爆速になる!「iOS 8」では「Nitro JavaScript」エンジンがサードパーティアプリでも利用可能に!

Safari nitro coming to devs
今後はSafari以外のブラウザでも爆速でブラウジングできるようになる!デベロッパーの皆さん、是非とも対応を頼む!


iOS 8」では「Nitro JavaScript」がサードパーティアプリ向けに解放されることが明らかになった!

サードパーティアプリでも内蔵ブラウザが高速に!

「iOS 6」で提供が開始された「Nitro JavaScript」エンジンはこれまでAppleの純正ブラウザSafariでしか利用が許可されていなかったため、サードパーティ製ブラウザはその恩恵を受けることができず、Safariほどの表示速度や読み込み速度は実現することができなかった。この「Nitro JavaScript」エンジンをサードパーティ製アプリでも利用できるようにするためのJailbreak Tweakも登場していたほどだ。


ただ、Appleはついに「iOS 8」においてサードパーティにも利用を許可するようだ!ありがとう、ありがとう!


デベロッパーが対応すれば、全てのサードパーティアプリはこの「Nitro JavaScript」エンジンが利用可能になる。つまり、多くの人が使っているであろうiOS版Google Chromeでもこれまでより高速化されたブラウジングが楽しめるようになる!素晴らしい!

WWDC 2014」は僕が見てきたWWDCの中でも最もデベロッパーをフィーチャしたイベントだったように思えるが、これまであった数々の制限を取っ払ってより自由に開発ができるような機能やAPIを解放しているように思える。良い傾向だ!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!