【iOS 8】純正カレンダーアプリの予定がGMTで登録される「GMTバグ」が不便すぎて困っている

iOS 8の純正カレンダーがGMT表記になるバグ
最近、「iPhone 6 Plus」を使っていて物凄く不便に感じていることがある。それは登録したカレンダーの時間がなぜかGMT(グリニッジ標準時)で表示されるということ。

普段は「Fantastical 2」の通知センターウィジェットで予定を確認しているのでそもそもバグに気付いていなかったが、ある時純正のカレンダーアプリを開いたところ、明らかに表示されている時間がおかしいことに気付く。

どうやらこれは「iOS 8」のバグのようで、9月に正式リリースされて以来、一向に修正されずここまで来ているようだ。不便極まりないので一刻も早く修正してもらいたい。

GoogleやExchangeと同期するとGMT表示になるバグ

この問題は日本でも海外でも同様に報告されている。Apple サポートコミュニティにおける投稿内容によると、iCloudと同期した場合は問題ないが、GoogleカレンダーやMicrosoft Exchangeと同期した場合は登録した時間がGMTになってしまうとのこと。

これは僕の環境でも全く同じ。Googleカレンダーと同期しているが、Macのカレンダーから登録した場合、必ずGMT表記として登録されてしまう。

イベントの詳細に入ると親切丁寧にGMTで予定の時間が表示されている。時間そのものはズレていない上に、本来の時間が上に表示されているのでそれほど困らない。
iOS 8の純正カレンダーがGMT表記になるバグ
問題は、登録された予定を修正したい時だ。イベントを編集しようとするとこのようにGMTの時間が優先されてしまうため、これまでは一度予定を削除し、登録し直していた。面倒すぎる。
iOS 8の純正カレンダーがGMT表記になるバグ

対処法:サードパーティ製アプリを利用する

この不具合の対処法がフォーラムに投稿されていたので、紹介する。

設定→メール/連絡先/カレンダー→時間帯を指定→東京に設定し直し
その後カレンダーの登録した予定を編集→終日の部分をON、OFFでGMTが消えました。

via 【iOS8】カレンダーの時間表示がGMTになる | Apple サポートコミュニティ


これらの手順を踏めば直るものの、あくまでも一時的で根本的な解決策ではない。現状、このバグを回避するためにはサードパーティ製のカレンダーアプリを使用する他無さそうだ。

幸いにもAppleはこの問題を認識している模様。いつ頃修正されるかは明らかになっていないが、「iOS 8.1.3」で直っていることに期待するしかない。

It’s an Apple problem, and after working my way up to a supervisor last night I was told their engineers are working on a solution, but don’t have a time frame for a fix.

via iOS 8 Calendar on iPhone showing GMT times for new events. | Apple Support Communities


次期アップデートではなかなか減らない不具合は修正されるのだろうか。「Apple Watch」の前にやるべきことをやってもらいたい。



(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. DELL、”世界最小”を謳う15インチ型ノートPC「XPS 15」の新モデルを発表
  2. 「macOS Sierra 10.12.3」、正式リリース!MacBook Pro 2016年モデルにおける一部不具合を修正
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「iOS 10.2.1」、正式リリース!バグの修正およびセキュリティ問題の改善
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!