「Android 5.0 Lollipop」に対応した新しい「Googleカレンダー」アプリがリリース!iPhoneアプリも提供へ

Google calendar 【img via Official Gmail Blog

本日、Googleは「Nexus 6」と「Nexus 9」の発売に合わせて「Android 5.0 Lollipop」に対応した新しい「Googleカレンダー」アプリをリリースしたことを発表している

デザインにMaterial Designを採用しただけではなく、予定の入力方法が見直され、使い勝手が向上しているようだ!

続きに公式のプロモーション動画と新しくなった予定の入力方法が分かるGIFアニメを紹介する!

誰とどこで何をするかを把握、予定作成時にサグジェスト

新しい「Googleカレンダー」アプリのデザインは従来のカレンダーアプリは大きく異なる。特にリスト表示は非常にグラフィカルで見やすく、行き先の写真や地図が表示される。先日リリースされたメールアプリ「Inbox」とUIが非常に似ている。

便利な新機能として、Gmailで受信した予定を自動的にカレンダーに登録させることができる。これは特に出張が多い人や旅行が多い人なら重宝しそうな機能だ。Gmailで飛行機の時間やチェックイン時間をやり取りした場合、それらの情報が自動的にカレンダーに登録される。

Gmail and calendar 【img via Official Gmail Blog

自動的に登録されるということは予定変更があった場合、自動的にその変更を反映する。例えば飛行機の離陸時間が変わったという内容が書かれたメールが来た場合、変更後の新しい離陸時間に予定を勝手に調整してくれるのだ。

これらの機能は正しく認識されれば便利な機能だが、誤って理解されると悲劇が起きそうな予感。精度が気になるところだ。

それではここで公式プロモーション動画をどうぞご覧あれ!



他にも予定を登録する際に「Fantastical」のように文字を打つだけで予定を簡単に登録することができるようだ。もちろん、ここでもGoogleは入力されている予定とその開催場所、参加する人などを把握しているため、同じ予定を繰り返し入力していると予定作成時に場所や人物をサグジェストしてくれるようだ。


利用イメージは以下のGIFアニメでどうぞ!

Assists 【img via Official Gmail Blog

「Android 4.1」以上に対応、そしてiPhoneアプリも!

新しい「Googleカレンダー」アプリは「Android 4.1」以上が動作するスマートフォンまたはタブレットに対応予定。リリースは数週間以内になるとのこと。

そして具体的なリリース時期は明らかにされていないが、iPhoneアプリも準備しているそうだ!日頃からGmailとGoogleカレンダーは使っているので、予定管理がどれほど楽になるのか、使い勝手が本当にいいのか実際に試してみたい!

(via Cult Of AndroidOfficial Gmail Blog

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!