「YouTube Kids」、日本国内でも利用可能に

YouTube Kids Release in Japan

Googleは5月31日、子供向けに最適化されたYouTubeアプリ「YouTube Kids」を日本国内向けに提供を開始したことを発表した

使いやすさや見やすさを考慮し、さまざまな子ども向けのYouTubeコンテンツが視聴できるように設計され、保護者はタイマー機能やカスタマイズ機能によって、その視聴体験を管理することができる。

「YouTube Kids」は2015年に米国で提供を開始。現在、日本を含め世界28カ国で提供され、既に全世界で毎週800万以上のユーザーが300億回以上動画を視聴されている。

子どもむけ動画コンテンツが楽しく、安全に

「YouTube Kids」は大きいアイコンと分かりやすいデザインが特徴。「アニメ・ドラマ」、「おんがく」、「まなぶ」、「はっけん」という4つのカテゴリが提供されているが、文字が入力できない子どもでも楽しめるように音声入力機能も対応している。

保護者向けの機能としては子どもの動画視聴時間を管理できる「タイマー」機能、子どもが検索できる動画の範囲を制御する「検索設定」、保護者が許可した時にしか利用できないようにする「カスタムパスコード」などが用意されている。

表示されるコンテンツはGoogleの特殊なアルゴリズムによってフィルタリングされているが、万が一そのフィルタを通り抜けて不適切だと感じる動画が表示されてしまった場合、保護者はアプリにログインしてブロックする機能も用意されている。

また、自宅ではより大きい画面で楽しめるようにChromecast、Apple TV、各種ゲーム機やスマートテレビに出力することも可能。

我が家が活用できるのはまだ先の話だが、デジタルネイティブ世代の子どもにとって動画コンテンツはあって当たり前のものだとすれば、成長の時期に合わせて見て良いもの・良くないものをフィルタリングしてくれるサービスは貴重。

動画が大好きな子どもがいる家庭の皆さんは是非ダウンロードして試してみるべし!

App Storeで「YouTube Kids」をチェック!
もっと読むYouTubeまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読