Google、新しいメールサービス「Inbox」を発表!MailboxとGoogle Nowを合わせたようなコンセプト

Inbox by gmail
本日、Googleから「Inbox」という新しいメールサービスが発表された

「Inbox」はGmailと似ているようで全然違う。関連するメールをまとめたり、人気メールアプリ「Mailbox」のようにスワイプ1つでメールをスヌーズしたりアーカイブしたりすることができる。デザインは非常にGoogle NowライクでGoogle系アプリで見慣れたカード型UIを採用。


公式プロモーション動画やUIイメージが公開されていたので、紹介する!

大事なメールを見落とさないように!シンプルで、分かりやすく

Inboxは、言ってしまえばGoogleから発表された新しいメールサービス。公式ブログで紹介されている各種機能を読んでいると、MailboxとGoogle Nowのいいとこ取りをしたような印象を受ける。

Mailboxのように受信したメールをあとで返信し忘れないように、リマインダーとしてセットすることも可能。「Bundles」と呼ばれる機能を利用すれば似たメールをまとめて分類することができる。あとで見返すときに整理整頓されていて非常に使い勝手が良くなりそうだ。

個人的に気になっている機能が「Highlight」と呼ばれる機能。そのサンプルが下記スクリーンショットにあるもので、受信したメールの本文を読まずに重要な内容だけを抜き取って表示する、というなかなか便利そうな機能。さらに、メール内容をもとに必要とされるであろう情報をネットから取得し、ユーザーに提示することも可能。この仕組みが非常にGoogle Nowライクだと言える。

Nexus 6 Inbox 【img via Official Google Blog

以下に公式のプロモーション動画を載せておく!



Inboxは招待制!既に使っている友人に招待してもらうべし!

現在、Inboxは招待制。利用するためにはGoogleに直接招待してもらうか、既に招待されている友人から招待してもらうしかない。

Googleから招待されるためには「inbox@google.com」宛にメールを送るだけ。件名や本文さえも不要だと思われるが、空メールというのも何か時代遅れ感が否めないので簡単に件名と本文を書いて送信した。すぐに自動返信が返ってくるので、受付完了となる。返事が来るまで待ちましょう。

InboxはウェブではChromeブラウザ、iPhoneアプリはiOS 7」以上、Androidアプリは「Android 4.1」以上にのみ、対応。タブレット用や他のブラウザ用は現在準備しているとのこと。

なお、InboxはGmailの代わりになるサービスではない。Gmailと併用することによって、Gmailがより便利により使いやすくなるというものだ。別途でユーザー名などを登録する必要もなく、他のGoogle系サービスと同様にGmailアドレスまたはGoogleのユーザー名を利用することができる。

(via Official Google Blog

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!